新米教頭の学校・職員室・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

研修主任のすごさ

「私、要領が悪いんです」という研修主任。研究公開の研究発表に向けて、まとめや原稿、プレゼンなどを懸命につくっている。それらの案を見ると、すごくよくまとまっている。本校での研究内容がよく分かる。そして研修主任の思いもよく伝わってくる。要領の…

裏方に徹する

今週はいよいよ研究公開。繁忙期だ。これまでの私は授業をする側。でも、今年からは裏方だ。苦しんでいる授業者、研修主任を見ると、変わってあげたくもなる。でも、どうしようもできない自分。また、先生方が最高のパフォーマンスができるよう環境設定をす…

仕事が遅いのは、のんびり?それとも?

「私、のんびりなんです」という先生。仕事が滞り、溜まっていく。その結果、期限(〆切)に間に合わなくなってしまったり、ギリギリであとにひけなくなったり、浅い考えのまま実践しなければならない状況になってしまったり。。。要するに、「仕事が遅くて…

担任の先生には敵わない【担任の先生に適っちゃだめ】

今週は出張の先生が多く、補欠に入らなければならない時が多かった。補欠に入り、子どもたちと授業ができるのは嬉しいのだが、そういう時に限って、事務的な仕事に追われている。複雑な気持ちだが、張り切って教室に向かう。 そこで、思うことは、「やっぱり…

失敗の授業とは

研究公開が迫る中、授業者の先生は授業を失敗したくないと焦っているようだ。上手くいく話し合いのためにはどうしたらいいか。仕掛けは?仕組みは?根拠は?見取りは?様々なことを悩んでいる。 その前に、そもそも失敗の授業とはどんな授業なのか。おそらく…

必要なときに、都合よく使われる存在でいたい

研究公開の授業者はいよいよ切羽詰まってきている。先日、指導案の検討をした際、ギリギリまで上がらなく、私の手が入ってしまった。それを、授業者は申し訳なく感じているらしい。私に相談する余裕もなく(私にだけではなく、他の先生にもだが)、期限が来…