しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

仕事観

日本秘湯を守る会【宿泊学習の下見】

今日は宿泊学習の下見。「『ハイキング』コース」の下見をしたのだが、どう見ても「ハイキング」ではない。「トレッキング」である。当日は子どもと一緒だからもっとゆっくりになると思うが、今日は大人だけであるため、かなりのハイペース。おかげで足が痛い。特…

じゃんけんで決めようとする・・・【校長激怒】

今年度の学校の授業研究の計画を、各学年の先生方にお願いしておいた。昨年度できなかった、必ず全員で見る全体授業を、今年度は低・中・高学年でそれぞれ代表を出し、最低3つは行うことにした。一人一授業は行い、授業の公開は行うのだから、誰がやっても…

思っていることをはっきり言うのって危険なんだな【日大司会者を見て】

子どもたちによく言ってしまいがちな言葉。「思っていることをはっきりしゃべりなさい!」子どもがどうしたらよいか分からず発言できないままでいるときに聞かれがちな言葉だ。 もしここで、その子どもが思っていることをありのままにはっきりと言ったら、先生…

短くも長かった1週間

やっと1週間が終わった。今週は4日しかなかったのに、家庭訪問やら研究授業やらがあって、忙しくもあり、とても長く感じた1週間だった。とにかく疲れた! しかしながら、来週の校外学習に向けて、計画案が甘かったため、やり直し。この土日を使って、固め…

第一回目の研究授業

今日は私にとっても、学校にとっても、今年度初の研究授業。どうしても今日、この時期に授業をしたかったわけではなく、初任者に見せる授業を依頼されたため、受けざるを得なかったというのが本音。でも、どうせやるならば、学校全体の研究に絡ませた方がい…

お互いに【家庭訪問始まる】

今日から家庭訪問。何年たってもドキドキするというか、気持ちの面で正直負担を感じる。やっぱり気を遣う部分もあり。。。30人も子どもがいれば、どんな先生であっても、いいと思ってくれる子どももいるし、嫌だなって思っている子どももいる。そして、そ…

出張があるとホッとしてしまう【学級経営に目を背けるな】

今日は出張。私は出張が好き。それは早く帰れるから。とはいっても、仕事はたまる。なので負債は増えていくのである。それでも、出張が好きだ。 最近では、今まで以上に出張が好きになり、まぁ好きというより、出張があるとホッとするような感じになる。 と…

安易に規模を縮小すると、、、

土曜日の運動会に向けて今日も全体練習。今日は全校種目の練習だったのだが、こんなにグダグダだった全体練習は初めてだった。本当にひどかった。それは、昨日の記事でも書いたが、ねらいがないことが一番だろう。それに加え、この種目について、子どもたち…

休み方改革

「働き方改革」ならぬ「休み方改革」というものも日本政府が推進しているとのこと。先日もテレビでウッチャンナンチャンや出川哲朗さん、バカリズムさんたち「マセキ」の方々が、それぞれに休み方をプレゼン(?)していた。 確かに「働くこと」と「休むことは」相反す…

騙される人がいるから・・・【詐欺をする感覚】

GW後半ももうすぐ終わる。今日も晴れたり雨が降ったりとぐずついている。結局、あまり天候がよくないこの連休だった。そんな仕事が再開される鬱々感漂い始めた今日。一通のメッセージが。。。 忘れた頃にやってくるこのメッセージ。「Amazon」さんからはこれ…

放課後浦島太郎とGW突入

ようやく一か月終わった。長かったような短かったような。。。とにかく怒涛のように過ぎていったことは確かだ。特に今週は出張続きで放課後いなかっため、いろいろなことが進んていたり決められていたり。朝学校に着くと「午前中に持っていくから履歴書の整…

できることをやるしかない【人は振り返ることができるかどうかが大事】

勤務するところの規模が大きければ大きいほど、たくさんの人がいる。これは当たり前。そして、たくさんの人がいればいるほど、いろんなタイプの人がいる。 人が抱える悩みの多くは(もしかしたらほとんどは)人とのかかわりにおけるものだと思われる。 合う…

だんだん疲れがたまるころ・・・

今日は出張(実際は今日も。昨日、今日、明日と出張)。そこで、娘の学校で教務をしている先生にあった。 娘の担任の先生は、大学出たての新採用。私の学年にも同じ大学出たての先生がいるが、さぞかし大変なのは分かる。どうやら、娘の担任の先生も例にもれ…

今年は大丈夫?

今日は職員会議の後に、今年度の現職教育の全体会を開き、今年度の構想を示した。特に反対もなく(反対させる余地を与えずに話したからかもしれないが)了承したような雰囲気だった。去年は、最初の全体会で構想を示した一ヶ月後位にあの出来事が。。。あの…

若手の進む道

我が学年は他の学年に比べると年齢層のバランスはいいが、経験層は薄い。ベテランの主任(ベテランといっても、他の主任に比べるとまだまだ若い)と大学出たての新採用の先生、40代の講師の先生と40前の私。他の学年は「オールアラフィフ」もある中、経…

合わせるところと違いを見せるところ

「自分らしくやった方がいい」「自分の色を出して」などとよくいったものだ。それは、子どもたちにもそうだが、我々大人にも当てはまることである。しかしながら、これはかなり難しく、かつちょっと危険さも伴うものでもある。つまり「自分らしさ」や「自分の色」と「…

「地味なのでよければ」にちょっとだけカチンときた

新年度準備も大詰め。今年は4日あるため少し余裕もある。そこで「1学期のめあてカード」や「係活動カード」などもつくっておこうということになった。 主任と私は昨年度も一緒の学年であった。私がそのようなカード類を作っていた。そこで、主任が「多分、○○先…

真心がない人はやっぱり良い仕事はできない

徐々に新しい教室の整理整頓に手を付け始めた。しかし、汚すぎる!埃があるのはまぁ許そう。でも、子どもたちの机の周りにはゴミが落ちているし、黒板の近くはチョークの粉だらけ。棚の上は真っ黒で、棚や机の中は埃と小さなクズがあり、しまいには教師用事…

新年度開始と様々な立場から想像してみることの大切さ

始まってしまった。ワクワクもするが、不安が大きい中での出発。社会人1日目の新人さん。どれだけ緊張したことだろう。何もかもが初めて。だから何もかも分からない。しかも子どもたちのいない春休みの事務的な裏仕事ばかり。各種表簿の振り分けや教材選定…

主任の数をもちだしてまでゴネる人

今日は今年度最終日。休みをとっていたが、気がかりなことがあり、職場に顔を出した。まだ29年度ではあるが、すでに30年度に向けて動き出している。学級や学年の仕事だけではなく、学校としての仕事も進めている中、自分の仕事内容にも不明な点が見えてくる…

本日、同期会

今日は、前任校の同期の同士との飲み会、通称「同期会」。4人の同期で楽しさも苦しさも共有してきた。私ともう一人は先に転出してしまったが、残りの2人は残り、かなりの重職についてバリバリがんばっている。自分は先に出て普通の学校でなんとなしに働いて…

離任式に見える、来年度の不安

今日は離任式。ご退職、転出される先生方とお別れをした。離任式にあたって、準備や子どもたちの引率などを残る先生でやらなければならず、自分から仕事を見つけて、臨機応変にうごかなければ、バタバタしてしまうことになる。七学年の先生方で退職、転出さ…

アイデアの素を探しに

卒業式も終わり、今年度の業務も事務整理のみとなった。そして、それと並行にすぐにやってくる新年度に向けて動き出さなければならない。今年度やったことと同じことはしたくない。というより、その需要があるかは分からない。そして「おなじでいいや」という…

いよいよ卒業式

明日は卒業式。結局子どもたちに何も恩返しできぬまま、時が過ぎてしまった。でも、恩返しって一体何なのだろうとも思う。私はこの2年間、できる限りのことをやってきたし、他のどの学級よりも楽しい学級にしてきたという自信がある。だからこそ「もっとこん…

モチベーションが・・・

もうすぐ今年度が終わるため、年度末の事務整理で忙しくなる。そもそもまだ卒業式を迎えていないため、子どもたちとの生活自体まだ終わっていない。しかし、今年度が終わるとすぐ、来年度がやってきてしまう。春休みはほぼ年度末の事務整理と新年度の準備で…

アイデアや発想の源

昨日もらった手紙の中に、 「先生は他の先生と違うことをやってくれて楽しかった」 「今まで受けてきた授業とは違った」 という言葉がかなり多かった。確かにできるだけ楽しい授業にしようとか、楽しい学校生活にしてあげようという気持ちを基にいろいろと考えて…

泣ける手紙

今日は最後のお楽しみ会。会の最後に子どもたちからの2年間のお礼の言葉と、一人一人からの手紙をもらった。素直に嬉しく、そして平常では涙が出そうな本当に心のこもったとてもいい手紙だった。作文が得意な子も苦手な子も、どの子もその子なりの思いが伝…

「残念な先生」の仕事は誰がやるの?

あまり人のことはいえないが、勤務する学校には結構な数の「残念な先生」と呼ばれる先生がいる(私もその一人になっている可能性もあるが・・・)。その「残念な先生」の仕事が滞るという場面がよくある。実際に満足な仕事ができない場合もあるが「○○先生には任せら…

予行練習に対する違和感

今日は、卒業式の予行。いよいよ卒業式も目の前だ。この「予行」であるが、先生方や子どもたちから「予行練習」という言葉が聞かれる。この「予行練習」という言葉に違和感を覚える。本来は「予行演習」が正しいと思っている。前に、そう指導されたこともある。そも…

集団の中における自分を客観的に見てみる

そりゃ、たまには悪口だって陰口だって言うさ、人間だもの。「(皮肉を込めて)○○先生って楽でいいよね」 「○○先生って何も仕事ないよね」 「○○先生には任せられないからね・・・」 「○○先生、来年も残るらしいよ」 「○○先生、『△△はできません(△には仕事内容が入る…