しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

仕事観

「クライシスマネジメント」と「リスクマネジメント」

「危機管理」。教員に限らず、どの仕事をしていても必要なことであろう。教員で考えてみると、言動に問題があれば、保護者からクレームがくるかもしれないし、いいかげんな情報の扱いをしていると個人情報を流出してしまうかもしれない。職員間であっても、…

来年の手帳について

私は手帳を使えていない。今までも手帳を活用しようと思っても、長く続かない。今はスマホのアプリでスケジュールの管理をしているのだが限界がある。やっぱり意識が低いところがあり、そこまでアプリが役に立っているかというと疑問だ。それは、アプリに予…

この鬱感の原因は?

日曜日の夜は鬱々する。しかし、なんかいつも以上の鬱々感。研究授業も終わり、研究のまとめもあらかた終わり、評価もほぼ終わり、学期末の事務整理も終わった。つまり、今やるべきことはほぼほぼ完了している。あとは冬休みを迎えるだけになっている。 なの…

勤務校の悪しき習慣を当たり前に思うな

勝手に怒って勝手に自己嫌悪に陥っているだけ。私が、指導できる立場でもないのに、勝手に説教しているだけなので、すべて私自身の中だけでの話なのだろう。それは分かっているのだが、ここまで何も伝わっていなかったり、響いていなかったりすると、やっぱ…

ICT機器の活用を、授業の手立てにあげるのは・・・

今日は研究授業をした。この学期末の忙しい時に。やることが多い中での研究授業。そして、学期末時程の貴重な時間なのに、事後研を。。みなさんに迷惑をかけた。今日の研究授業は過去最大級の失敗をした。それは、授業終了時刻の勘違い。特別時程の時になど…

さぁ、12月

12月に入り、早速評価週間だ。教育相談をしつつ評価。なかなかのハード。 でも、私はそこに研究授業に研究のまとめ、市教委関係の提出物と、それどころではない。 さぁ、何から手につける? いっそのこと、何もやらないでいてみるってのもあり? とにかく歯…

追い詰められていると本音が出る

とりあえず書く。 台本的なものは、結局は本心にはなりきれない。 追い詰められた時に発される言葉は、事前に考えていた言葉(台本とは違うのだが)ではないものである。 もしかしたら、この時に発される言葉こそが本心なのかもしれない。 無表情な人とのや…

そんなに学校が好きなの?

働き方改革とは? 今日、教頭先生から働き方改革についての話があった。県の施策でも、超過勤務時間を週あたり一定時間まで減らすようにということがいわれている。 動き出さなきゃ何も変わらない。ということで教頭先生から、これから19時を目安に退勤し…

また怒ってしまった【仕事は他の人にも関わっている】

また、初任者を怒ってしまった。俺はどれだけ偉いんだと自己嫌悪に陥る。 とにかく「自分のために多くの人が関わり、動いてくれている」ということが全然分かっていない。 これは、初任者の仕事にかかわらず、どんな仕事でも同じ。一つ決定するのにいくつかの…

保険をかけた逃げの研究授業

今日は6年生のあるクラスの研究授業だった。そのクラスの担任は、以前記事にした残念な先生。どれだけ残念か。なかなか伝わらない。昨日も、この先生(T先生としておく)は残念な行動に出ていた。昨日の放課後は、6年生の他のクラスの研究授業の事後研究…

生活科の授業を見るということ

今日は前任校の生活科の研究公開。人が集まらないということでお誘いを受け、勤務校の管理職にお願いし、なんとか参加させてもらった。どのくらいの参加者がいたかというと、、、ご想像にお任せします。。。 とにかく、身内による授業研究会だったということ…

ICT機器を使うためのストレスは準備段階が90%、ネット環境が9%

多方面から「ICT機器をもっと積極的に使うように」という圧力(?)がかかっている。具体的には「各学校に配当されているタブレット端末をもっと使え」ということ。確かに、今の時代を考えた時、ICT機器を活用した授業はもっと積極的に行われるべきだと思うし、…

「見守る」という手立てがあってもいい

最近、授業における手立てとして「見守る」というのがあってもいいのではないかと思う。教員としては、できていない(悩んでいる、解けずにいる、時間がかかっている、など)子どもがいると、どうしても手を差し伸べたくなるようだ。特に研究授業の時などは尚…

先生たちがつまらない

私の学生時代ったらもう、本当につまらない人間だった。学習についても、必要最小限のことしかやらなかった。例えば高校時代の社会。通っていた学校では2年生時は世界史と日本史をどちらも履修しなければならなかった。でも、志望する大学のセンター試験で…

久々のクレーム

久々に保護者からクレームが入った。担任不信だ。「自分の子どもの思いを聞いてくれない」という保護者の訴え。結果だけを見ると、そう思われても仕方がないかもしれない。実際に子どもは傷ついている。その子の思いに寄り添うことができなかったということ。 …

新しい世界への入口

今、自分は新しい世界に向かっている。それをようやく自分で自覚し始めたのかもしれない。これまで何も考えずに毎日を突き進んでいるが、いろいろと考えなければならない時にきているのか。自分の歩むスピードよりも猛スピードで様々な事柄が身の回りにおこ…

見方の視点を変えて【発表会と学習と時間のなさと】

土曜日の学習発表会に向けて、どの学年も忙しくしている。忙しさの中、持久走記録会や就学時健康診断など行事もたくさんあって、本当にバタバタとしている。そんな中、先生方から考えさせられる声が聞かれる。うちの学年主任からは、「とにかく、今週は学習は…

認められるということは、プレッシャーでもある

必要とされる人でいたい。そうなれるような働き方をしたいと思い、微力ながらも、そしてまだまだ足りないところが多いながらも、自分なりに頑張っているつもりだ。だから、褒められると正直うれしいし、仕事を任されると文句をいいながらも悪い気はしない。「…

外見より内面っていうけど、、、

人は外見より内面だともいうけれど。確かに顔が好みのタイプの人であっても、性格が最悪であったら、好きにはならずむしろ嫌悪感を抱くであろう。また、そんなに顔がタイプではなかったとしても、すごく性格が良かったり気が合ったりすると、だんだんと惹か…

研究授業と、授業の意図、そして教員としての姿勢

今日は初任者による初任研の研究授業があった。国語科の研究授業。私の一番苦手とする教科。私自身の勉強にもなるなと思いながら参観させてもらった。 そこで感じたことや考えたことは、国語科についてだけではなく、やはりどの教科等にもいえることについて…

教え方が上手い先生ではなく、、、【学力向上と必要とされる先生】

勉強の教え方が上手い先生、これは我々が目指す一つの教師の姿だと思う。 でも、「ただ、教え方が上手いだけ」の先生であれば、別に学校の先生じゃなくてもいいとも思う。そういう先生であれば、塾や家庭教師の先生の方が合っているのではないかと思ってしまう…

そんな授業に価値はない【研究授業の意義】

今年度も研修主任をやらせていただいている。学校の現職教育についての方向性や進め方を提案する立場であるとともに、先生方の研究の成果と課題をまとめることも大きな仕事である。研究の進め方としては、単純。学年で研究する教科等を決めて、研究テーマに…

教師自身のメタ認知

昨日の授業。子どもの姿として、そして、それを参観者の視点から、できるだけ授業を客観的に見るとしたら、100点の授業だったかもしれない。それは、私がすばらしかったのでは決してなく、子どもたちがすばらしかったのである。というのも、私の中ではやはり…

楽しかった!

今日の授業研究会、とても楽しかった!それは、子どもたちが本当にステキだったから。様子については、今日は疲れたので、明日以降にでも記事にしたい。ということで、帰って寝る!

「頑張ってくださいね」に違和感を感じている私は性格悪い?

明日は授業研究会。とりあえず、教室の整理整頓をして、板書なんかを考えたぐらいにして一週間以上ぶりの放課後を過ごしていた。すると、何人かの先生に声をかけられる。その中で、「頑張ってくださいね」と声をかけてくれる先生がいるのだが、正直違和感を感…

教師の都合は子どもは分かっていない【無駄なあがきはやめよう】

金曜日は授業研究会。なのに、毎日私は出張で放課後がない。 でも、この状況はもしかしたらプラスなのかもしれないと感じてもいる。というのは、無駄なあがきができないから。この、「無駄なあがき」は、思っている以上に厄介である。なんのために「無駄なあが…

怒涛の5連続出張

今週から来週にかけて、5日間連続で出張だ。昨日は市教委。今日、明日は陸上練習。来週火曜、水曜は陸上大会役員。こんなに放課後いなくていいのか?それでいて来週金曜日は、県規模の授業研究会の授業者。こんなに人材がいないのか?うーん、いないか。。。

「5年生、6年生で立て直す」という考えを変えなきゃダメ

「5年生、6年生の担任はもちたくない」という考えをもつ先生が多いのは、どの学校、どの地域にでもよくあるのではないか?確かに高学年は、行事もたくさんあるし、学習指導も難しくなるし、生徒指導も大変だし、、、というイメージがあるだろう。 それととも…

ついにきた【疲れの噴出】

ついに風邪をひいてしまった。喉が痛く、鼻水とくしゃみが止まらず、目がショボショボする。3日くらい前から風邪っぽさを感じており、早めに休むようにはしていたのだが、ここにきて悪化した。他の人たちに迷惑をかけるとも思い、子どもを帰したあと、1時…

それって情報主任の仕事なんじゃないの?パート2

明日、学校のタブレットに新しいソフトをインストールされるとのこと。朝一から市教委の方々が来校し、セットアップしてくださる。 というのに、夕方になってタブレットPCが一台足りないことに気付いたらしい。「なんで、事前に確認しておかないんだ」といい…