しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

教育

さぁ研究授業だ!

今月末と来月初めに研究授業をする(ことにした)。前々からどうしようかアイデアを練っていたが、ようやく固まりつつある。全単元、毎時間、豊富なアイデアを盛り込んだ授業構想などできない。でも、一単元に魂を込めて授業構想することなら可能だと思う。…

題名の難しさ

最近、読書感想文や作文を読む機会が多い。そこでいつも思うことがある。それは「題名がつまんないな」ということ。感想文だと「○○○を読んで」とか作文だと「○○○のこと」とか。本文を読みたくならないのが正直な気持ち。考えられた題名だと「おっ!おもしろそう」と…

娘、骨折‼️

実は昨日、娘が手首を骨折した。誕生日にあげた「エスボード」と呼ばれるスケボー(?)で転倒。手をついたはずみで、骨折してしまったようだ。転倒した際、お尻から転び、手をついたということで、転び方はよかったのだが。やはり今の子どもたち、様々な経験…

プールの神様ありがとうございました

今日は着衣水泳があった。スイミングスクールの先生に講師として来ていただき、講話とともに実技訓練もしていただいた。とてもよい経験をしたと思う。 今日は別の話題。今日の着衣水泳をもって、今年度のプールの学習が終了した。しかし、6年生にとってはこ…

メディアリテラシー

社会は情報で溢れている。それは今さら言うまでもない。しかし、これだけ情報で溢れていると「何が本当なのか」「どの情報が正しいのか」分からなくなる。例えば、元SMAPに関する情報。「中居くんはジャニーズを退所する(した?)3人を裏切った」という情報もあ…

引き渡し訓練

今日は、授業参観。その後は「緊急時引き渡し訓練」。毎週毎週何かしらある。この余裕のない教育課程、なんとかならないものか。 それはどうしようもないとして、気になるのは(これってどうなの?って思うのは)「緊急時引き渡し訓練」。この「緊急時引き渡し訓…

体調を崩す実習生

今、教育実習生がきている。http://www.truth-teacher.com/entry/2017/09/04/180513今日の1時間目の途中、急に教育実習生が教室を出て行った。2時間目に校長先生の講話があるため、早めに準備をしにいったのかななどと思っていた。ところがどっこい。2時…

ようこそ教育実習生

クラスに教育実習生がやってきた。今日から約一ケ月間、クラスの子どもたちとともに過ごすことになる。他のクラスの子どもたちからは「何で3組なんですか」とか「2組にも来るんですよね」などという質問があがっていた。それだけ、子どもたちにとって大きな出…

奉仕作業

今日は娘の学校の親子奉仕作業。朝6時から7時半まで校地内の草むしりを行った。朝6時からというのは子どもにとっては結構辛い。普段その位に起きているため、それよりもっと早く起きなければならない。うちは学校が目の前であるため、5時半に起きれば間…

おもちゃのピストル、結構使える

夏休み中、息子が100円ショップでおもちゃのピストルをねだってきた。家中くだらないものばかりのため、かなり渋ったが、あとは買わないことを約束させ、買ってあげることに。 これがなかなか使えることに気付く。私は大きな音が嫌いで、風船が割れる音や…

喉がカラカラ

2学期が始まって1週間が経った。なんか、ここ数日、喉がカラカラになっている。喉が渇いているわけではない。喉が乾いているのだ。午後になると声が出しづらくなる。 その原因は喋りすぎ。これに尽きる。夏休みがおわり、よく喋るようになったことが大きな…

昨日の続き

昨日、子どもたちがなかなか主体的にならないという記事を書いた。今日は水泳記録会。6年生であるため小学校最後の記録会。1、2年生の「水遊び」から始まって、3〜6年生までの「水泳」。6年間のプールでの学習の集大成だ。一人ひとりが自分の思いをもち、…

学級経営力不足

このブログでは結構偉そうなことを述べているが、学級経営力は本当にまだまだだなと感じる。私の学級経営のモットーは、極々簡単で単純にいうと「楽しいクラス」。誰だってそれを目指しているのではないかと思われるだろうが、なかなか「楽しそうな」クラスを見…

またあの学年か・・・

今日はプールに入った。子どもたちが来る前に塩素測定などの環境チェックにいくと、プールに何かが沈んでいる。よく見ると、低学年でよく使う「 ダイブボール(石拾い)」であった。EVERNEW(エバニュー) ダイブボールEV EHA109出版社/メーカー: エバニュー(EVE…

我が家はクレーマー保護者?

正直、娘の担任の先生に対して、良い印象をもっていない。実はいろいろある方であり、赴任される学校学校でお休みをとられる(心の・・・・・)先生である。http://www.truth-teacher.com/entry/2017/06/24/130440ただ、妻と一緒に働いたこともあるため、互いに理…

恥ずかしさの感覚とズレ

今日は2学期の始業式があった。夏休み中、大きな事故もトラブルもなく、みんな元気に登校できたことを嬉しく思う。 さて本題。始業式の後に夏休み中の諸行事等における賞状伝達があった。よく上がる課題として「返事」の仕方がある。まぁ、つまり返事の声が小…

道のでき方

陸上指導の時、ふとグラウンドを見ると、色が変わっているのが分かる。 子どもたちが走ったり、ドリルをしたりした足跡である。「道」をつくるのは案外難しいことではないのかもしれない。人が歩けば道ができるんだなぁと思った。たくさんの人が歩けば(走れば…

ケーキ屋が閉店した

近所にあったケーキ屋がなくなっていた。潰れたのか移転なのかは分からない。なんの貼り紙もなかった。我が家では、誕生日やクリスマスなどのお祝い事などがあると、決まってそのケーキ屋に頼んでいた。といっても、できてまだ2、3年くらいだったと思う。…

特設活動が最優先されてしまうから・・・

明日は、市の合唱コンクールの日。 この日のために合唱部は毎日毎日練習をがんばってきている。1学期は、土曜日の練習も当たり前。学校の方針では、水曜日は特設活動無しのはずだが、夏休み中にコンクールがあるからと、1学期から水曜日もバンバン練習して…

とにかくやってみることが大事

今週の木曜日で夏休みが終わる。そのためか、学校には先生方の姿がたくさん見られるようになってきたように思える。 2学期モードに突入といったところか。さて、今日は学校のプール開放日。ところが、あいにくの空模様。と、なるとプール開放するかどうかの…

読んでみた『手抜き力』

読みたいけれど、売っていない『手抜き力』。http://www.truth-teacher.com/entry/2017/08/07/171130amazonで取り寄せて購入し、読んでみた。手抜き力作者: 齋藤孝出版社/メーカー: ベストセラーズ発売日: 2014/06/21メディア: 単行本(ソフトカバー)この商…

自分事じゃない宿題

娘の夏休みの宿題。ドリルの他に、国語系、図工系、理科自由研究から一つ何かを選んでやらなければならないらしい。そこで選んだのが、理科自由研究。去年も取り組んだこと、そしてちょっとした賞を取ったことが大きな理由のようだ。 しかし、これがかなり厄…

伝わりやすい発表と伝わりにくい発表

今日はお盆前の最後の研修。 県外の学校、市内の学校の実践報告があった。4つの学校の発表があったのだが、伝わりやすい(つまり上手な)発表と、伝わりにくい(つまり、、、〇〇な)発表があるなと思った。そこで考えたことを記事にしたい。 話し方 まずは…

先生はなんでも知っている?

今朝、息子とゴミ捨てに行っているにふと思い出したこと。 ゴミ捨て場までの道のり、いろいろな植物を見つける。 穂を出し始めた稲。いろいろな色の薔薇の花。猫じゃらし。名も知らぬ草花たち。やはり歩いてみないと気づかないことばかり。 息子も「これは薔…

同じ番組を何度も

特にすることがない時、娘と息子はハードディスクに撮りためている番組を見る。だんだんハードディスクの容量が少なくなってきているが、消してほしくないようだ。同じものを何度も繰り返し見る。何度見たか分からない。 息子のお気に入り 映画ドラえもん 新…

「手抜き力」から

これまでカメラやiPhone等で撮りためていた(ためすぎていた)写真やデータの整理をしていたところ、前任校で主幹教諭が紹介してくれた書籍に関するデータが出てきた。前任校では、勤務の在り方について問題になった(課題にあがった)ことがあった。あまり…

教員のレベル(人間力)って低い?

午後は研修会。市で開いている講座。そこで、教員としての在り方について少し悲しくなる出来事があった。 私語がうるさい 人は集まると話し出す。今日の講座は実に200人を超える大人数の参加者。そのため、至る所でザワザワしている。待ち時間や休憩時間…

8月に入ると・・・

夏休み。嬉しい時期、楽しい時期、ワクワクする時期は7月中までかもしれない。いつも8月に入ると「もう8月、夏休みが終わってしまう」という気持ちにかられてしまう。実際、8月に入ると、あっという間に始業式の日がきてしまう(気がする)。私の周りの…

「その子」に合わせた接し方(指導の在り方)

夏休み。しかし、特設活動は熱い。特に、合奏・合唱は暑い中でもみっちりと練習する。大会も近いし、団体の活動であるため、1人が欠けると音楽が成立しない大変さもある。その点、陸上部はほぼ、自分との戦い(部としてみんなで高めていくという大切さはあ…

暑中見舞い

今日の午後は「暑中見舞い」づくりをした。毎年「暑中見舞い(残暑見舞い)」や「年賀状(寒中見舞い)」をつくる際、どんなスタイルにするか悩む。そういったハガキ作成のための雑誌やネットなどにテンプレートがたくさんあるのだが、何だか「作られた感」…