しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

雪かきの労力

今日も朝起きると、雪が降り積もっていた。そこまで大雪ではなかったが、家の前の雪をかいたり車に積もった雪を下ろしたりした。

 

雪がそんなに降らない地域と比べると、「雪かき」は要らない労力だなと常々考える。朝から結構な肉体労働だ。この労力をエネルギーとして考えると割と大きな力になるのでは?新エネルギーとして変換できたら素晴らしいだろうな。

 

とはいっても、雪が少ない地域に雪が降ると、少量でも、交通機関をはじめ様々なことに混乱をきたすのも大変だ。肉体的というより、気持ち的に苦労する。結局は雪が降って喜ぶのは子どもとスキー場の方々くらいかな。。。