しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

作品の掲示

子どもたちの作品を掲示したい。でも、掲示する場所がない。そんな時はないだろうか?めあてや係・当番、行事予定、各種おたより等を掲示すると、30人もの作品を掲示するスペースは意外とない。そこで一工夫してみる。

「タコ糸」を使って、掲示できる環境を作ってみた。作り方はごく簡単。教室の端から端までタコ糸を伸ばす。ただそれだけ。弛んだり、外れたりしないように、ヒートンなどで固定し、タコ糸をピンと張る必要はあるが、これが意外と良い。

あとは、いろいろな作品(といっても、平面を中心とした軽いものに限るが)をゼムクリップや洗濯バサミなどで固定するだけ。つりさげられているので、見やすいし、教室の飾りのように見えて楽しい。


今回は国語科で「冬の〇〇」という詩を書いたものを掲示してみた。それぞれの冬の絵が、季節の掲示にもなっている。軽いものなら、立体物も掲示可能だ。以前は節分で使った鬼の面を掲示した。


あまり凝らなくても、難しいものを作らなくても、ちょっとしたアイデアで何とかなるものが多いと思う。




にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村


小学校教育ランキングへ