読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

新教室

今日は新年度に向けて、旧学級で使っていた荷物を、新学級に運び入れた。子どもたちに担任だとバレないように、棚に隠したり、机に隠したりしたため、最終的な整理整頓は始業式後になる。


今までの学校は、教室の造りがどの教室も同じであった(普通はそれが当たり前)。しかし、今の学校は、同じ学年内であっても教室内のレイアウトが少し違う。学年が変わると全く違う所もある。これは、急激に子どもの数が増えていったという、地域の事情があり、少しずつ増築していったからである。


これまでの学校では、造りが一緒だから、荷物の置き場所や、掲示物なども同じようにレイアウトできた。

でも、今の学校では、転勤しない限り、毎年レイアウトを変えなければいけないのである。これは頭を悩ませる。一年かけてベストな環境をつくっていったのに、リセットしなければいけない。


ただ、いい方に考えよう。これまでは確かに楽であったが、毎年代わり映えがしなかった。進歩しないのだ。でも、毎年レイアウトを変えなければいけないのであれば、もう一度一から見直せる。構成し直せるのだ。

その際、できるだけ去年までと同じようなレイアウトにしようと思わないようにした。新年度だからこそ、ゼロベースで「何を掲示するか」「新しく設置したいものはないか」「もういらないものはないか」「新たなアイデアはないか」といったあらゆる視点で見直していきたい。


あとは、どうしても毎年いろいろなものが増え続けてしまっている。どうしても捨てられない性分のようだ。でも、さすがに限界だ。思い切って処分しなきゃだ。


来週からは新しい先生方がやってくる。それまでに職員室や教室の環境を整えなければならない。


にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村


小学校教育ランキングへ