しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

ネタぎれしないのか?

子どもたちは朝から『妖怪ウォッチ』を見ていた。住んでいる県では、毎週日曜日の朝にやっている。半年くらい遅れているようだ。子どもたちは大抵『妖怪ウォッチ』が始まる頃に起き出す。


毎週様々な妖怪が現れ、人間にいろいろな影響を及ぼす。今週は“ミチクサメ”。この妖怪が取り憑くと、子どもたちは学校帰りにあらゆる手段を使って道草させられる。


それにしても、毎週毎週いろいろな妖怪が出てくる。よく考えつくなと感心する。

ドラえもん』の秘密道具といい、この『妖怪ウォッチ』の妖怪といい、よくネタぎれしないなと思う。普段からこういうことを考えることが原作者や脚本家の仕事なのであろうが、仕事だろうと、やはりこのアイデア力はすごい。

我々の仕事もアイデア力が大事。授業構想や学級経営は目の前の子どもに合わせた一つだけのものでなければならない。その連続のはず。だから、アイデアを思いつくことは、原作者や脚本家とどこか通ずるものがある。

最近、私はどこかネタぎれをしている気がしてならない。年度始めはいい調子でどんどん面白そうなことをしていたのだが。。。

やはり一気にいくのではなく、少しずつ小出しにしたり、あまり飛ばしすぎないようにしたりしないと、苦しくなる。


できれば1番最初に研究授業をしたいと思っている。しかし、1番にやるとなると、単元が分数単元になりそう。ここにきてあまりアイデアが思いつかない。あと、1ヶ月以上あるにしても、繋がりを考えると今から系統的に単元間を繋げたい。しかし、アイデアが思いつかない。これが「生みの苦しみ」なのか。。。


妖怪ウォッチ』や『ドラえもん』ってすごい。何年も新しいものを生み続けている。前に「ドラえもんの道具はアイデアの宝庫」という記事を書いたが

道具の面白さもあるが、それを思いつくことに凄さがあるんだなと改めて思う。


にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村


小学校教育ランキングへ