しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

発達性ディスレクシア

先日、ある本に出合った。それは「うちの子は字が書けない」という漫画。

うちの子は字が書けない (発達性読み書き障害の息子がいます)

うちの子は字が書けない (発達性読み書き障害の息子がいます)

「発達性ディスレクシア」のあるお子さんと、その家族の話。本人、家族が障害と向き合いながら、よりよい方向性を見出していくストーリー(こんなに簡単な話ではないが)。


この「発達性ディスレクシア」。40人学級に3人くらいの割合で存在するとのこと。よくよく考えてみると、確かに読み書きが苦手な子っている。漢字のテストをしても、かなり残念な点数の子。。。

そんな子に「自主学習でがんばってきな」などといってきた(もう少し言い方はキツイときもあるかも・・・)。でも、もしその子が「発達性ディスレクシア」たとしたら、その言葉かけはその子を苦しめるものでしかないのかもしれない。

でも、そうかどうかの判断は難しい。あくまでも「『発達性ディスレクシア』かもしれない」としかいえない。我々は診断してはいけない。また、この障害自体あまり知られているものではない。


しかも、その子が「発達性ディスレクシア」と分かったとしても、前に進むには大きなハードルがいくつもある。

まずは保護者の理解がないといけない。自分の子にそういうハンデがあるということを受け入れるのは相当の覚悟がいるであろう。この本の著者である母親は、自分の子がなかなか字が書けるようにならないことをずっと悩んでいた。ずっとお子さんと向き合ってきた。だからこそ、診断が出たときにホッとしたのかもしれない。
また、本人の思いもある。この本に登場する子は、自分から前に進みたいという思いを抱いていた。友達と違ったことをしなくてはならなくなったとしても、字を書けるようになりたいという強い思いをもっていた。なかなかそういうふうに思えるようになるのも難しいと思う。それは、やはり家族の支えや寄り添いがあったからこそなのではないだろうか。
そして、専門機関の存在である。この母親は専門的な話を聞く機会があり「もしかしたら」と思うことができた。また、その後も共にトレーニングを進めていける先生と出会えたことがとても大きい。


これらについては、もしかしたら「必要条件」なのかもしれない。
では、我々はそれらの条件が揃うのを待つしかないのだろうか?我々は診断もできない。分かったとしても治すこともできない。
でも、我々のできることも「十分条件」になり得るのではないか。ヒントは3つの条件にあると思う。これらの条件を成り立たせているのは、やはり「寄り添う」ということではないか。
できない子どもに寄り添ってあげる。これが我々にできる小さくも大きいことだと思う。できないからといって「叱らない」「見捨てない」ことが大事だと思う。
できるものにとって、できないものの気持ちはなかなか分からない。だからこそ、寄り添ってあげたいものだ。


そして、この「発達性ディスレクシア」という障害について、もっと広く取り上げられるようになるといいなと切に思う。