しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

住所・電話番号

今日の記事は、ふと感じたこと。

私が子どもの頃は、遊ぶ約束をするとき、電話をかけて取り付けていた。そのため、友達の家の電話番号も覚えていた。

しかし、今は状況が変わっている。家に固定電話がない家も多く、電話をかけて約束するのはごくごく稀だ。というか、無い。親同士の携帯電話を使い、電話をしたり、メールやメッセージをしたりして、遊ぶ約束をしている。

そういう状況もあってか、娘は家の電話番号を知らない。電話を使うということがないのである。クラスの子どもも家の電話番号を知らない子どもがほとんどである。


これは、電話番号に限ったことではない。高学年の子どもでも、自分の家の住所を言えない子どもが多いのである。

今は、住所や電話番号が書かれた個人情報を配らないため、友達同士の住所を知らないことが多く、暑中見舞い(残暑見舞い)や年賀状を出す時期(つまり学期末)に、よく住所を聞き合う姿が見られる。しかし、互いに知らないのである。

電話番号の時とはちょっと状況が違う気がするのだ。電話番号は電話をしなくなったから、覚えなくなったといえると思うが、住所についてはあまり状況は変わっていないのではないかと思うのである。

私は子どもの頃、自分の家の住所を知っていた。娘もなぜか家の住所をいえる。しかし、現状を見てみると知らない子どもが多いのだ。


しかし、よくよく考えてみると、手紙や葉書も書かなくなってきたというのはいえる。しかもこれは、子どもが書かなくなったというより、親の世代が書かなくなったということが大きな原因なのかもしれない。
また、家に届く葉書も少ないし、手書きはほとんどない。そのため、書いてある住所には目がいかないというのもあるだろう。


個人情報流出の危険性が叫ばれて久しいが、自分自身の個人情報を知らないということも危険ではないかと、ふと思うのである。