しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

「手抜き力」から

これまでカメラやiPhone等で撮りためていた(ためすぎていた)写真やデータの整理をしていたところ、前任校で主幹教諭が紹介してくれた書籍に関するデータが出てきた。

前任校では、勤務の在り方について問題になった(課題にあがった)ことがあった。あまりにも退勤時刻が遅く、数名の先生方に心の面において様々な課題が現れた時があった。その時に主幹教諭が職員に示した書籍である。

それが、齋藤孝先生の『手抜き力』。その時は、忙しさにかまけて読めずにいたが、思い立って購入してみることに。しかし、どこの書店でも売り切れ。


「働き方改革」「教員の多忙」いろいろといわれている。私は現任校に赴任して、早く退勤できるようになった。しかし、遅くまで仕事をしている先生方は多い(前任校ほどではないが)。どうしても、自分たちで忙しくしている、仕事を増やしているような気がしてならないのだ。最近、特にそんなことを考えるようになったため、尚更読みたくなった。

取り寄せてみようかな。。。