しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

夏休み終わり

今日は日番。お盆明け初の出勤日である。本当なら、午前中出勤にし午後は年休というようにし、少しずつ仕事モードにしていきたいところだが、日番のため、フルで勤務しなければならない。
そんなこと言っていると、贅沢だといわれそうだが。

確かに、子どもたちの夏休み期間中に休みを取りやすいのは、教員ならではかもしれない。休みを取るといっても、年次有給休暇なのだが。。。逆に考えると、この期間くらいしか休みづらいというのもある。
それでも、一般企業の方々は普段も夏休みも冬休みも取りづらいのであろうが。。。


しかし、いざ出勤してみると、やらなければならないことが山ほどあることに気付く(むしろ、気付いていたが、見て見ぬ振りをしていたともいう)。今だに避けようとしているが、いくつか頭に思い浮かべるだけで、ゲボ吐きそう。計画的にするにも、どう計画を立てたらよいのか分からない。やはり、休みすぎはよくないのだろう。


一番驚いたのは、9月4日から教育実習生が来るらしい。今年度に教育実習生が来ることと、私が担当になることは、昨年度末に聞いていた。しかし、今年度になって何一つ聞いておらず、ちょっと心配になり、教務主任に尋ねながら調べたところ、この日付けを知った。教頭先生にも確認すると、来週の月曜日に事前打ち合わせがあるとのこと。

今日、教育実習のことを考えず、教務主任に尋ねなかったとしたら、私はいつ、この事実を知ったのかと思うと恐くなる。それに9月は放課後、陸上の練習で毎日とられるのに、どうやって実習生と関わるのだろう。。。


とりあえず、明日もある。来週は木曜日まで一応夏休み。一休さんのように「あわてない、あわてない。一休み一休み」の気持ちで乗り切ろう。