しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

おもちゃのピストル、結構使える

夏休み中、息子が100円ショップでおもちゃのピストルをねだってきた。家中くだらないものばかりのため、かなり渋ったが、あとは買わないことを約束させ、買ってあげることに。


これがなかなか使えることに気付く。

私は大きな音が嫌いで、風船が割れる音や雷管の音などが苦手である。しかし、この仕事をしていると、しばしばこのような音の出る可能性のある場面に遭遇する。運動会のスタートや水泳や持久走の記録会でのスタート、陸上のスタート等々。特に、この時期はよくスタートの信号機(ピストル)を使用する機会がある。そこでこのおもちゃの出番。

このおもちゃのピストル。しっかりとしすぎず、程よい音の大きさがでるのだ。音が出るだけで弾も出ない。火薬もつかっていないため安全。そんなに大きな音が出ないため運動会や大きな行事では使えないかもしれないが、記録会など、ちょっとした行事には最適。子どもたちも恐がらず(音を気にしないで)スタートラインにつける。

また、安全なので子どもたちでも十分利用できる。そのため、学級でのお楽しみ会などでも活用できる。ちゃちいので(なんせ108円)壊れやすさは否めないが、それでも様々なことに使い勝手がいいと思った。


先日の水泳記録会で使用したが、かなりいい感じ。陸上の練習にも使いたい。みなさんもぜひお試しあれ。



子どものおもちゃであっても馬鹿にできない。いろんなところにアイデアが潜んでいる。