しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

健康診断

今日は健康診断だった。そのため、2時間目まで休暇となり、遅れて出勤する。


健康診断は誰しもドキドキすると思うが、私もドキドキする。特に血液検査。

私はとにかく注射と採血が苦手なのだ。とにかく針が怖い。なんなのでしょうね、注射や採血で針が刺さることによる「痛さ」はどうでもいいのただが「針が刺さる」ということに怖さを感じるのだ。


採血時に私が怖がるので、いつも看護師さん(?)が「横になってやりますか」などと優しく声をかけてくれる。気を遣っていってくださっているので、いつもありがたく、そして申し訳なく感じるのだが、私の困り感はそこにはなく、とにかく「針が刺さる」ことへの恐怖なのだ。なので、横になろうが立とうが座ろうが「針が刺さる」ことには変わりがない。「針が苦手なんです」と答えると、優しい声で(怖くて目をつぶっていたため、表情はわからない)「大丈夫ですよ。そういう方いますよね」と言ってもらえる。

自分でも、どうしてこんなに怖がっているのかわからないが、いつも怖い思いをしている。


そんなこんなで健康診断は終わったが、バリウムが・・・。