しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

普段通り普段通り

明日は、教育委員会関係の方が多数来られ、一日中、授業を参観される。といっても、全授業を見られるわけではなく、一人1授業を研究授業として参観され、放課後に教科ごとに分かれ、分科会が開かれる。


多くの先生が明日の授業に向けて、一生懸命掲示物やプリント、資料をつくっている。「がんばっててすごいな」と思いながらも、どこか違和感を感じる。


本来は、教育委員会の方々は、普段の姿を見たいのではないかと思うのだ。訪問の目的は多岐にわたるが、先生方の授業を見て、気になったことを指摘してくださったり、アドバイスをくださったりするために来られるのではないか。教育委員会の方々も元はといえば学校の先生方。普段の授業か、研究授業のためにつくられた授業かは見てすぐわかるはず。だって、普段はあれこれつくったり、し過ぎるほどの準備をしたりしない。そんな授業を見たら「すばらしいですね」といっておくしかない。普段の自分の授業についてのご指導を受けられないのだ。

だから私は「普段の授業プラス㌁」程度でいいのではないかと思うのである。やはり少しは力を入れた方が自分の授業力向上に繋がるし、教材研究になる。でも、やり過ぎると、もはや自分の授業ではなくなってしまう。


でも、私は今日は「普段通り」。それは何故か。それは、こんな日に限って歯医者の定期検診を入れてしまったから。
まあ、でも「普段通り」とはいっても、前々から授業構想はしっかりやってきたつもりだし、自分なりに力を入れて教材研究してきた。単元全体を見通して授業をつくってきているつとりだ。だから、それが「プラス㌁」と思う。だからこそ、あしたは「普段通り」の授業をしたいと思う。

でも、教室の掃除はしたか。。。

以上、歯医者の待合室からの投稿でした。。。