しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

和式のトイレ

先日、就学時健康診断があった。来年度1年生になる子どもたちの健康診断や各種検査が行われた。その中での出来事。

6年生が子どもたちのお世話や引率のお手伝いをすることになっている。その6年生の一人が、

「トイレに連れていったんですけど、和式ではできないというので、洋式のトイレがあるところまで連れていってきます」

という。私は、近くに保護者がいた事と、離れたトイレに連れていくことによる時間のロス、その子の不安等を考え、保護者にお話をして、一度引き渡すようにさせた。


最近、和式のトイレで用を足せない子どもが多いことが話題になって久しい。家庭はもちろん、幼稚園や保育所にも和式のトイレがないところが増えているようだ。私の娘は、幼稚園に和式のトイレがあったため、できるようになったようだが、息子はまだできない。しかも男子だから尚更機会が少ない。


よく、入学前の指示(お願い)で「和式のトイレで用を足せるようにしておいてください」というのを聞く。本校ではそういう指示をしているかどうか分からないが、この指示(お願い)は、かなりハードルが高いように思われる。家にもない、幼稚園や保育所にもない和式トイレ。そんなトイレ事情でどうやって練習すればいいのだろうか?たまたま立ち寄ったトイレが和式トイレだったとして、その機会に試すことは可能であろうが、繰り返すことは難しいため、定着させるには困難であろう。だからといって、トイレの練習のために、和式トイレがある施設に通うのもバカらしい。

和式トイレは少なくなっているのだ。学校のトイレの一般は和式かもしれないが(もしかしたら本県のみ?)、社会の一般は洋式になっている。それに、洋式が一般的なってだいぶ時が経っているとも思う。

そう考えると、学校のトイレ事情の方に問題があるのではないかと思うのだ。「練習しておいてください」といわれる保護者はどうしたらよいのだろう。。。先生方が「まったく和式でできるようにしておいてほしいよね」のように文句をいうのが、一般的な感覚とは違くなっていると思った。