しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

臨時休校

台風21号接近に伴い、今日は臨時休校(市内全小中学校)。とは、いっても我々は出勤。いつもと同じ時間に朝出たが、大渋滞にはまり、一時間以上かけてようやく学校につく。

八時過ぎには雨も弱まり「もしかしたら休校にしなくてもよかったのでは?」というような声が聞こえてきそうな雰囲気だが、やはり休校にして正解だと思う。風は相変わらず強く、場所によっては河川の増水により浸水の恐れもある。判断は難しいが、いつでも最悪の事を考慮した判断が必要なのだと改めて思う。どっちにしても苦情(?)がくるのなら、被害がなかった上での苦情がいい。上に立つ者は大変だ。。。


そんな中、変な電話も。あるスポ少の監督(?)担当者(?)から、

「今日、スポ少で校庭を使ってもいいですか?」

という問い合わせ。

「ダメに決まってんじゃん!」

と思うが、それはこちらが勝手に思うことなんだろうな。
なんのために休校措置をとっているのか、しっかりとは伝わっていないのだろう。それに、一度許してしまうと、線引きも難しくなる。例え、雨があがって風がやんだとしても、今日は家で待機すべきなのだ。

子どもだけで留守番する家もあるだろう。もしかすると、遊びに行き来している子どももいるかもしれない。そういう実態や可能性も頭に入れておかなければならないのだろうと思う。。。


今日は年休をいただき、早めの退勤。運転中や帰りに立ち寄った本屋で見かける、小中学生の姿。一人二人ではない。かなりの人数。。。これでいいのだろうか。。。。。でも「そりゃこうなるよなぁ」とも思うこのジレンマ。。。