しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

「勉強する」ってこういうことかも

明日は「文化の日」。三連休はうれしい。。。


先日、社会科の学習の一環として「憲法」について触れた。日本にはかつて「大日本帝国憲法」があり、現在は「日本国憲法」のもとで法が整備されている。

「大日本帝国憲法」の公布は2月11日。この日は「建国記念の日」で国民の祝日の日となっている。「この『大日本帝国憲法』と『建国記念の日』に何か関係があるのかどうか」気になったため調べてみると、もともと建国記念の日(2月11日)は、戦前は紀元節と呼ばれていた。それは、初代天皇である神武天皇が即位されたのを記念として定められた日である。この日を良い日として1889年2月11日に大日本帝国憲法を公布したとのことである。つまりそもそも2月11日は紀元節として記念日があったということである。

一方「日本国憲法」の公布は11月3日であり、施行5月3日である。それぞれ「文化の日」「憲法記念日」としてこれまた国民の祝日となっている。


「この日本国憲法の公布や施行の日も何か意味があるのか」ということが気になり、調べてみた。すると、面白いことが分かった。

そもそも文化の日をWikipediaで調べてみると、

1946年(昭和21年)に日本国憲法が公布された日であり、日本国憲法が平和と文化を重視していることから、1948年(昭和23年)に公布・施行された祝日法で「文化の日」と定められた。

とある。やはり、日本国憲法と文化の日には関わりがあったことが分かる。面白いのはその次に書かれていたこと。それを整理すると、
文化の日の11月3日はもともと「明治節」といって明治天皇の誕生日による休日だったとのこと。

文化の日は、このこととは関係なく定められたとのことであるが、もしかするとこの日に合わせて公布されたということも考えられなくはない。また、

一方、祝日法制定当時、参議院文化委員長として祝日法制定の際中心的役割を担った山本勇造が政界引退後に書いた当時の回顧録「文化の日ができるまで」には明治節に関する記述は一切ない。山本によれば、元々、憲法発布は11月1日の予定であったが、施行日がメーデーと重なるという理由で直前に11月3日に変更されたのだという。山本ら参議院側は11月3日を憲法記念日とすることを強硬に主張したが、GHQ側が、11月3日だけは絶対にだめだと主張し、衆議院が5月3日を憲法記念日とすることに同意してしまい、参議院側が孤立する事態になった。そのとき突然GHQ側から、憲法記念日という名でない記念日とするなら何という名がいいか、という話を持ち出してきたという。

などとも書かれており、いろいろな見方や考え方があることが分かり、とても興味深く面白い。


こんなことをしてみて「こういうことが『勉強する』ということなのかもしれない」と感じた。自ら問いをもてば自ら動き出す。自ら動き出したからこそ、確実な理解に繋がるのだと思う。その「問い」は、
①「どうして〇〇なのだろう」
②「〇〇とはいったいなんなのだろう」
③「もっと〇〇したい、じゃあどうするのか」
という形で現れる。これらの「問い」を見いだせるようにすると子どもたちも「勉強する」のだろうなと思った。