しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

おおごとだった。。。

午後に先方の学校に到着し、一通り挨拶をし、学校内を案内していただいた。子どもがいない学校の様子からも、いろいろな特色が見られた。自分の力では取り入れたり、変えたりすることは不可能だが「こういう形があるんだ」というのを極々短い時間ながらも感じることができた。特に、児童昇降口の先が学校図書館(いわゆる図書室)だったのは驚いた。


私たち研修生が想像していた以上に、先方ではおおごととして受け入れることになっていたようだ。学校案内の後、市役所に行き、先方の教育委員会の学校教育課長さんだけでなく、教育長さんとも面会し、その後なんと市長さんともお話をした。そして、これから6時半から開かれる懇親会にも学校教育課長さんと教育長さんが来られるとのこと。その情報を知って初めて、かなりすごいところにやってきて、研修させていただくことになっているのだと気付いた。


懇親会、正直かなりドキドキである。。。