しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

息子のパンツを干していて気づいたこと

洗濯干しは私の担当。

息子のパンツも普通のパンツに。思えばオムツからトレーニングパンツに変わり、いつの間にか普通のパンツになっていた。

でも、そのパンツを見てふと思う。それは、

「今の子どもって、白パンじゃないなぁ」

ということ。キャラクターものだったり、柄物、色物が当たり前。変な話、見られても恥ずかしくないようなものが多い。


私の小学生の頃を振り返ると、みんな「白のブリーフ」だったと思う。「グンゼ」だったり「BVD」だったり。柄物を履く子などいなかったと思う。ブリーフの終わりは中学生。中学生になった途端、みんな「トランクス」になった。

今の中学生ってどうなんだろう。ユニクロにいっても、しまむらにいっても、他の衣料店にいっても、様々な種類の下着がある。「トランクス」と「ボクサーパンツ」が主流か?そういえば「白のブリーフ」はほとんど見ないなぁ。