しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

あと一週間

2学期も残すところあと一週間。いろいろと仕事を抱えていたおかげで、いろいろなものが予定より早く終えることができている(気がする)。冬休みはほぼ出勤無しで大丈夫そうだ。

大体授業も一段落したからこそ、この一週間は微妙。自分もどこか消化試合的な気持ちになっているし、それは子どもたちも然り。この一週間を有意義に過ごせたら、それこそ「有終の美」で2017年を終えることができるのだろう。さぁどうする?

そして、2018年の見通しをもった一週間にしたいとも思う。足りなかったことだけではなく、新たに興したい新しいアイデアの種を蒔きたい(というより、種を探したい)。


しかし、なかなか気持ちが追っつかない。「冬休み」という誘惑はやはり強い。クリスマスにお正月、家族との時間等々。夏休みほど長くはないが、季節感たっぷりの行事が盛り沢山の冬休みは魅力満載だ。今はこの誘惑に負けている。表簿関係を終わらせてしまった今、冬休みが手ぐすね引いて待っている。

とりあえず、最低限「いつも通り」は崩さずにいきたいものだ。


話は全く変わるが、最近手に入れたシャープペンがいい。その名も「大人の鉛筆」。

どうしてもシャープペンは芯の硬さが気になり使いたくなかったが、この「大人の鉛筆」はシャープペンの機能をもった鉛筆。やっぱり鉛筆の軟らかさは正しい字を書くのに大切な要素だと思う。