しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

今頃返ってきても・・・

冬休みが目前。そして、まもなく2017年も終わる。そのため、私も子どもたちも様々なものやことの整理整頓に追われている。あまり溜め込まないようにと思っていても、なんやかんやと出てきてしまう。特に私は整理整頓が大の苦手であるため、今教室内がゴチャゴチャになってしまっている。

そこに、追い打ちをかけるように、夏休みの作品やその参加賞などがどんどんと戻ってくる。各種賞状も。。。

いつも思うが、なぜこの時期なのだろう?「忘れた頃」の度が過ぎているというより思う。季節が真逆だ。まぁ、様々な手続きなどがあって仕方がないのだろうが、誰がどの課題に取り組んだのか、正直私も覚えていないし(整理しておいたのを紛失してしまった)、子ども自身も覚えていない。


私は小学生の頃、忘れた頃に作品がたくさん戻ってくるのが嫌で、中高生の時は長期休業中の課題は出さないことにしていた。ちゃんとやったのに。。「やってあるんだから出さなくてもいいでしょ」とだいぶ擦れた考えをしていた。。。

こういうのはダメだと思うが、なんとかならないかなと思ってしまう。ただ、自分がちゃんと整理整頓できるようになればいいだけの話か?