しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

子どもって疲れを感じない生き物?

朝からゆったりモード。眠気はもちろん、頭痛に肌荒れ、唇の割れに手足の筋肉痛。楽しんできた分のツケだ。

娘と息子は近所の友達に誘われ、遊びに行く。子どもたちは疲れていないのか?カートに乗っていた息子はさておき、娘は我々と同じように二万歩程歩いたはず。我々の足で二万歩なのだから、小さい娘はもっと歩いたはずだが。

やはり子どもはタフなんだな。確かにクラス(学校)の子どもたちもそうだ。運動会の後にスポ少の練習をしてみたり、修学旅行(宿泊学習)で夜遅くまで起きていても、次の日もバリバリ動けたり。子どもって、動いていない方が精神的な疲れを感じるのかもしれない。でも、体の疲れは確実に感じているはず。だから、急に限界になり、突然熱を出すことがあるのか。。。


さぁいよいよ年末だ。今年の振り返りをしなきゃなぁ。。。その前に年賀状、、、、、