しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

アルマーニの制服問題

東京都の公立小学校で、アルマーニの制服(標準服?)を導入するということで、様々な波紋が広がっているという。

テレビニュースでもネットニュースでも取り上げられ
「高すぎる」とか「保護者の意見が聞かれていない」といったマイナスの印象をもつ方が多いようだ。まぁ、確かに一式揃えて8万円超えは耳を疑う。買い替えのことも考えると『どれだけ制服に金をかけなければならないんだよ』と文句を言いたくなる気持ちはすごくよく分かる。しかし、私が勤務するのも、子どもが通うのも地方の公立小学校。今回話題にあがっている銀座の小学校区の事情は分からずのため、とやかくいうことはできないだろうと思う。げんにヤフーニュースのコメントでも「銀座に住む保護者ならそれくらい払える」という意見が見られるし。


ただ、報道を見聞きしていると、学校側の考えやそれに対する保護者の意見、第三者の意見については語られているが、子どもたちがどう考え(考えられるような年でもないと思うが)、通学してからどうなるのかといった、子ども目線の見方や考え方についてはあまり見聞きしないのだ。コメンテーターたちが「もし、アルマーニの制服を着ない選択をしたら、その子はいじめられるのではないか」というようなこともいうが、それはズレていないようで本当に考えなければならない観点からはズレているような気もする。

それは「子どもたちがアルマーニの制服を着て思いっきり活動できるのかどうか」ということ。小学生なんだから、制服のままで野外の活動をしたり、休み時間ふざけ合ったりするだろう。特に低学年では「遊んでなんぼ」「服を汚してなんぼ」だと思うのだ。しかし、8万円超えのアルマーニでそれができるのか、銀座に住む高収入の家庭ならオッケーなのか、そもそもブランド思考の方々はお金の問題というより、ブランドものを汚すことに抵抗があるのではないか、、、等々、子どもの活動の制限に繫がるんじゃないのかなぁということを懸念してしまう。


この学校では「服育」という名目で進めているらしいが、この「服育」の真ん中に子どもはいるのかどうかが善悪の焦点にならなければいけないのではないか?私だったら、8万円出して買った制服を無残に汚して帰ってきたら超がっかりしそうだ。。。でも「制服を汚さないように、汚さないように、、、」と、活動が制限されてしまうのは間違っていると思う。

「制服を着ないといじめられる」「制服を着ると思いっきり活動ができない」のだとしたら、このアルマーニの制服導入は大失敗に終わるだろうと予想する。