しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

久々すぎる洗車と車へのこだわり

今日は久々に洗車をしてきた。本当に久々。久々というレベルじゃなく、今年初・・・。いつも、洗車したい洗車したいと思っていたが、天気のいい日が長く続かず、雪が降ると途端に車が真っ黒に(真っ灰色?)。そして、庭の水道は凍結防止のために止めている。なので、なかなか洗車の機会がつかめなかった。
・・・というのは言い訳で、本当は面倒くさかったから。。。


自分にはほんの少しだけ、車へのこだわりがある。それは「パールホワイトのボディ」「字光式ナンバー」そして「大きめのセダン」。

そして、2年程前に少し背伸びして自分にしては高級な車を購入した。いや、少しではなく、だいぶ背伸びしたかな。。。そんなこだわりを理解してくれた妻も了承してくれた。

一つ前の車は「パールホワイトのボディ」と「字光式ナンバー」は叶ったが「大きめのセダン」は購入できず。その名は「アクセラスポーツ」。その前は、三点揃ったが、中古車「ディアマンテ」。そして、今回は「アテンザ」。

この車を買ったばかりの頃は「月に1回は洗車しよう」なんて思っていたのに、全然できずにいる。今日、妻や娘からも「車、汚いね」との言葉が。そこで、重い腰をあげ、洗車をすることにしたのだ。

洗車をすると、やっぱり気持ちがいい。そして、申し訳なさを感じた。「車好き」って、ただ、いい車に乗ることではなくて、いつまでも愛車を大切にできる人のことをいうのだろうなと、改めて思った。

よし、これからはちゃんと定期的に洗車するぞ。。。