しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

やっぱり3月は「去る」のかな・・・

明日から3月。2018年が始まってもう2ヶ月経った。格言にある通り「1月は行ってしまった」し「2月は逃げてしまった」。やっぱり「3月は去ってしまう」のだろう・・・。

忙しいから、そこまで意識することもないが、ふとした時に、なんとも言えない淋しさと、原因不明の不安感に襲われる。本当に今受けもたせていただいているクラスの子どもたちはすごくいい。だから来年度のことを考えるとものすごい不安になるんだろうな。。。などということを考えると、6年生のこの時期の異常な忙しさは、教師にとっても子どもたちにとっても、その不安な気持ちを忘れさせるためにあるのかもしれないな、、、なんてことも思う。。。


それにしてもこの忙しさは苦しい。子どもたちが帰ってしまうとできないことばかりで、焦ってしまう。