しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

いよいよ卒業式

明日は卒業式。結局子どもたちに何も恩返しできぬまま、時が過ぎてしまった。

でも、恩返しって一体何なのだろうとも思う。私はこの2年間、できる限りのことをやってきたし、他のどの学級よりも楽しい学級にしてきたという自信がある。だからこそ「もっとこんなことしたかった」とか「他にも何かできたんじゃないか」といった反省が浮かぶのではないかと思うのだ。

子どもからもらった手紙に、
「来年のクラスも、6年3組のようなクラスにしてください」
という言葉があった。

それこそ、子どもたちが最後に私に求めていることであり、それが恩返しなのかもしれない。


明日の卒業式。この日のために子どもたちは1200日もの小学校生活を送り、喜びや悲しみ、怒りや悔しさ等々、様々な経験をしてきた。その集大成であり、それが最後の授業でもある。最高の晴れ舞台を作ってあげよう。。。