しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

とりあえず、スタートは切れた

やっぱり持ち上がらない1学期の始業式の日は緊張する。バカ話でその場を繕おうとしても、それ以上に子どもたちはこちらに探りを入れているような気がして、なんだか空回りをしているような感じになり。。。


それでも、担任発表や教室での対面でも嫌な顔をされた感じではなく、ちょっとホッとしている。もたれていた印象も「恐い先生」ではなく「前の6年生の先生」というイメージ。悪くはない。

そして、私がもった子どもたちの印象は「思っていたより普通じゃないか?」という感じ。昨年度見ていたイメージや、前担任の先生方からの情報よりもお利口な様子。話も聞けるし、反応もする。これも悪くはない。


といってもまだまだ分からない。互いに探り合うこの状況。この探り合う感じ、嫌いではないが、良い方向に舵をとりたい。

さぁ、今宵は歓迎会。でも、もうクタクタだぁ。。。