しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

本日車の点検日

今日は愛車の点検をしてきた。

この点検は「法定点検」と言われ、法的に点検を受ける義務がある。しかしながら罰則規定はない。そのため、受けずに済ませてしまっている人もいるようだ。


なぜかというと、やはりお金だ。点検を受けるということはそれなりに費用がかかるということ。この点検費用もバカにならないのは確か。私はマツダの「パックdeメンテ」に入っているため、点検料やオイル交換などは無料でやってもらえる(無料というより、先に払っているというのが正しいが)。それでもワイパー交換などについては費用がかかってしまったが。


どうせ、2年おきに「24ヶ月点検」通称『車検』を受けるのだから、わざわざ1年ごとに点検しなくてもいいのではないかと思う人も多かろう。『車検』は罰則規定というより、受けないと公道を走れなくなってしまう。なので、車を乗り続けるの人は当然車検を受ける。無車検ということは、自賠責も失い、刑事上・行政上の処分を受けてしまう。
このような大きな点検を定期的に受けるのだから、別に1年ごとの点検は受けなくてもいいのではないかと思ってしまうのも分からなくもない。


しかし、よくよく考えてみると、費用面については1年ごとに点検を受けていてもそうは変わらない、むしろ、定期的に点検を受けていた方が、経済的なのではないかと最近は思う。というのは、車は消耗品だからである。長く乗れば乗るほど様々なところが消耗してくる。それに最近の自動車はコンピュータ制御等も発達しており、とても繊細だ。なので、故障してしまったり、劣化してしまうとそれなりの代償を払わなければならない。オイルひとつとっても、バッテリーひとつとっても同じだと思う。定期的に交換、点検していた方が、結果的に安い費用で済むようになるのだ。

JAFのホームページに詳しくのっていたので引用する。


1年ごとにしっかりと点検していれば、車検でバカでかい費用を払わなくて済むようにもなるだろう。まぁ車種や年式にもよるだろうが。


本来は、費用面ではなく、安全性のために点検を受けるのが正しいのであるが、どうしてもお金の面は大きい。でも、長い目で見ると、やはり点検しておいた方がそのお金の面でも絶対にいいはず。最近ではマツダの「パックdeメンテ」のような、数年間点検をしてくれるようなメンテナンスのセットもある。そういうものを効果的に活用し、愛車を守るようにしていきたいと思う。


今日は、タイヤ周りも見るということで、合わせてタイヤ交換もしてもらった(遅い?)。これで少しは燃費がよくなるかな?