しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

無駄な時間?必要な時間?

つかの間の休日が終わる。

今日の午前中は床屋に行った。9:00開店の床屋。8:50に店につくと、もう始まっているとともに、すでに行列ができている。

結局一時間近くかかってしまった。


午後は昼食を兼ねて買い物。息子の『ドラゴンクエストスキャンバトラー』にも並ぶ。そこでも20分近く待つ。


昼食、買い物から帰ってから今度は息子の床屋。ここでも一時間待ち。やっと次の番だというところで、息子が鼻血ブー。店員さんやお客さんたちにティッシュやら保冷剤(暑かったからということで)やらいただきながら助けてもらう。



とにかく、今日は「待つ」日だった。「待つ」ということは、やりたいことができないということ。そう考えると明らかに「無駄」な時間。


でも、「無駄」と考えてしまうと、それだけでマイナスだ。何かしらプラスなことがあったはず。何も考えずにボーッとできた午前中、息子と語り合えた午後の時間、人の優しさに触れた床屋さん、等々。


まぁ、そんなこと考えても、やっぱり時間は無駄にしたように思えてしまう。。。