しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

暖かくなると【低レベルのライダー(もしかしたらかなりの実業家?)】

夜、23時頃。

「ブブン、ブブン、ブブ、ブブブブブゥ〜!」

という不快音が外に鳴り響く。

何の音か?

バイクの走る音である。


一つの夏の風物詩。暖かくなると必ず現れる。暖かい日が続くと、それに合わせて毎日現れる。必ず夜に現れる。深夜にも現れる。街中を何周もするのか、1日に何度も現れる。


いきがってカッコつけているのだろうが、誰がカッコイイと思うのだろうか?同じ類の人たちだけだろう。かなりのマイノリティだ。

というのも、この類の人たちは、夏にしか現れない。暖かくなると、頭も温かくなるのだろう。

なぜか、多くの人たちに嫌われるためにお金を出してバイクを改造し、多くの人たちに嫌われるために、暴走行為をしている。誰に何のプラスがあるのかが分からない。これでいきがっているのだから、本当におめでたい。

どうして頭が及ばないのか。それとも本気で嫌われたいのか?それが「粋」だと思っているのか?私には理解できない。

もし、冬の寒い日や道路が凍っている日にも暴走できるのであれば、ある意味の「粋」はあるのかもしれないが、不思議なことに夏しか(しかも、暖かくなってきたとき)現れない。おそらく、人に嫌われたいと思っていても(もしかしたら、嫌われていることに気付いていないほど、「ウマ、シカ」なのかもしれないが)ケガをするのは怖いのだろう。そんな勇気もない、結局はいきがっている弱虫さんたち。


どうして、気付かないかなぁ。これから、どんな人生を歩もうとしているのかなぁ。


それといつも不思議なのは、どうしてこういう人たちって、バイクを買ったり、改造したりするお金をもっているのかなぁということ。バイクじゃなくても、レクサスあたりを改造して暴走している人もよく見かけるけど。。。自分のお金だとしたら、それはすごいな。人に嫌われるような行為をしながらお金も稼げる。ある意味、実業家だ。そういうのをもっと全面に出せばいいのに。。。

それとも、公にはできない金の出処があるのか?はたまた、お父様お母様のスネをかじっているのか?週刊誌の記者たちには、不倫なんかどうでもいいから、そういう人たちを追ってほしいな。そういう人たちの情報を知りたい人って、結構いるんじゃないかな?そんな暇な人いないか。。。


日曜日の昼のどうでもいい記事でした。。。