しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

「ながらスマホ」ならぬ「ながら◯◯」

毎日のように自転車に乗りながらスマホを操作する高校生を見かける。まあ、高校生に限らないのだが。。。

自転車スマホで事故を起こし、罰せられる事例もよく耳にするが、やはり他人事であるのか一向になくならない。よく考えると、スマホを操作しながら片手運転をするのってかなり難しいのではないかと思う。というより、どうやってスマホの操作をしているのだろう。。。


しかし、今日はそれを上回るほどの強者(?)が。。。

「自転車に乗りながらスマホ」ではなく、「自転車に乗りながら『ルービックキューブ』」である。

流石に『ルービックキューブ』をやりながら自転車に乗っている人を見るのは初めてだった。それを見て、危険だというよりなにより「そこまでして『ルービックキューブ』をやるその背景には何があるのか」ということが知りたかった。もしかしてルービックキューブの大会が近いのか?誰かのルービックキューブをグチャグチャにしてしまい、直さなければならないのか?それとも何かに取りつかれているのか?謎だ。。


いずれにしても、危険なことには変わりない。高校生にとって、自転車は体の一部のようなものであり、「運転する」とか「危険を伴う」という考えはないのかもしれない。そして、スマホもそうだが、その人にとって「身近で当たり前」になっているものがあると、「ながら◯◯」に陥ってしまうのであろう。


繰り返し繰り返し、注意喚起していくしかないのであろうが、まだまだ「ながら◯◯」による事故や事件はあとを絶たないだろう。。。