しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

まだ顔をつけられない息子

娘と息子がスイミングスクールに通い始めて2ケ月。
臆病息子も楽しんで通っている。

けれど、未だに潜るどころか、顔をつけられないまま。泳ぐまでは程遠い。それよりも顔をつけ、もぐれる日は来るのだろうか?


私もそうだったが、娘も息子も臆病。娘はいつの間にか下手くそなりに泳ぎの練習に入っている。いつもぐれるようになったのだろう?そのきっかけは何だったのだろう?ちっちゃなちっちゃなスイッチがあるんだろうな。押せば簡単に明かりがつくんだろうけど、そのスイッチを見つけるのに苦労しているんだろうと思う。

ゆっくりゆっくり、焦らずに待っているしかないんだなぁ。。。


そんなちっちゃなスイッチ。スイミングに限らず、様々なことにいえるんだろう。漢字や計算のコツ、逆上がり、竹馬に一輪車、マッチのつけ方等々。キーワードは「繰り返し」「自分事」「場の保証」とかかな?