しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

1学期の半分

夏休み真っ盛り。でも、8月に入るとあっという間に終わってしまう気がする夏休み。

我が家でも家族旅行も終わり、あとは2学期が始まってしまうという恐怖感に苛まれている。鬱々感が漂い、どうも気持ちが下がっていく。。。まだあと半分残っているのに。。。

私の住む地区は、8月の最終週からが2学期開始である。東京の方は9月から2学期らしいが。その分、冬休みが長いのかな?お盆期間に入ると、あとはダッシュのように過ぎ去っていく。


この、浮き沈みを感じる夏休み(私だけかもしれないが)、実は見方によると相当長いことが分かる。それは、「夏休みの長さは1学期の登校日の約半分」あるのだ。1学期は新しい出会いもあり、新学年のドタバタもあり、運動会や宿泊などの大きな行事もありで、慌ただしく過ごした。その慌ただしさの1学期だったからか、すごく盛りだくさんの感じがして、その半分分も休みがあるというのが、ピンとこない。

ということは、夏休みをだらけてばかりで終わらせてしまうのは大人にとっても子どもたちにとっても、非常にもったいない。どこかに出かけずとも、夏休みにしかできないようなことをしたいものだ。


じゃあ、私は残りの夏休み、何をするか。今日はとりあえず残暑お見舞いを書こう。。。