しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

他愛のない話

今日はお昼に、あるラーメン屋さんに行った。

午前中で仕事を終え、ラーメン屋に向かったため、店についたのは12:30くらい。ちょうど真っ盛りのお昼どき。

このラーメン屋さんは、一方通行の路地に面した分かりづらい場所にある。なので、普通に生活している中では絶対に見かけない場所にある。私も「おいしいラーメン屋さんがないか」とネットで探している時に偶然見つけたところ。何気なしに行ってみようかなと思い向かった。

ナビを頼りに向かってみると、当たり前だが初めて通る細い道。そのラーメン屋さんの前には行列(といってもイメージするような大行列ではないが)ができていた。お昼どきとはいえ、こんな分かりづらいところにあるラーメン屋さんに、こんなに並んでいるのが意外だった。いろんなところで噂を聞きつけるんだなぁと改めて思う。

ちょっと離れたところにある駐車場はもちろん満車だったが、偶然出る車がいたため待つことなく駐車。その後ラーメン屋さんの列に並ぶ。

何人も待っている人がいたが、さすがはラーメン屋。回転が早い。15分ほどで中に入れた。中もたくさんの人でいっぱい。狭い店内を歩いていると、あることに気付く。


それは、その店の店主

その店主、なんと私が好きでよく行くラーメン屋で店長をしていた人だった。

その人は私のことは分からないだろうが、なんとなく懐かしい気持ちになった。

私のよく行くラーメン屋さんとはコンセプトも違うし、メニューも豊富で明らかに違う店だが、ラーメンの味はどことなくその味を受け継いでいるような感じがした。

独立しまったく違う店を立ち上げて上手くいくということはそんなにないと勝手な先入観をもっているが、このラーメン屋は上手くいったんだなと思う。

常連になるような気軽に行けるところにないのが残念だが、機会があればまた訪れたいなと思う。



という本当に他愛のない話でした。。。