しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

おかえりなさい。そして、いろいろとごめんなさい

以前、お気に入りで使っていた「ジェットストリーム」の多色ペンを紛失したことを記事にした。

紛失して数日後、教室の私の事務机の目の前に座る子が、色も種類もまったく同じ「ジェットストリーム」を持っていた。ペンについていたシール(バーコードなどが書いてある)の剥がれ具合も一緒。

その子の隣に座っている子が「それ、先生の無くしたペンじゃないの?」と声をかけた。
すると、その子は「これは、いとこの◯◯君からもらったやつで僕のだよ」と言う。かなり怪しい。
正直、私も疑っていた。あまりにも状態が一緒であり、しかも小学生が持つようなペンでは正直ない。それに「いとこからもらった」というようなあまり無さそうな話。ちょっと借りて中身などを見ても私のっぽい。

ここで、考えた。疑っているが、疑っていることを伝わるような声をかけてもいけない。なんとかして取り戻したいけれど、すべがない。。。どうすることもできない。だまって取り返してやろうとも思った。でも、どうしてもそれはできなかった。


仕方がなく、諦めるしかなかった。とにかく心の中で「ジェットストリーム」にお礼をし、新たな「ジェットストリーム」を購入することにした。



紛失から約3ヶ月。新たな「ジェットストリーム」にも慣れてきた。


そんな中、退勤時に車に乗ると座席の下に物を落としてしまった。














その座席の下を調べると、





















「ジェットストリーム」が。。。









犯人は私だった。私が座席の下に落としてしまっていたのだ。



ということは、あの子どもがもっていた「ジェットストリーム」は?



ちゃんとその子のものだった。。。


それなのに、全力で疑っていた。「いとこからもらった」という話も本当だった。



心の中で疑ってしまい本当に、

「申し訳ありませんでした!」


そして、なくしてしまっていた「ジェットストリーム」にも、

「申し訳ありませんでした!」


ということで、これからは新旧の「ジェットストリーム」をこれまで以上に大切にしたいと思います。