しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

計画的に進めることの難しさ

何かやらなければならないことがある時、そのための計画を立てる。完璧な計画かもしれないし、ざっくりとした計画かもしれない。

いずれにしてもその計画に合わせて動き出すことがその目的を達成することができる道筋をつくってくれる。

しかし、その大なり小なりの計画に合わせて物事を進めていくのはかなり難しい。

まずは、やらなければならないことがただ一つじゃないことが一番大きな原因かもしれない。やるべきことは多くのことが同時多発的にやってくる。さあやろうと思った時ほど、違う業務が入ってくる。そうなると、予定が狂ってしまう。
一度予定が狂うと修正は難しい。多面的に考えた上で計画を立てられればいいのだろうが、自分はそんなに優秀な人間ではない。

そして、怠けごころ。これがまた厄介だ。休みたい時もあれば、遊びたい時もある。体調だってある。そうした時に、計画通りに進めるのは難しい。


その都度その都度、計画を改善更新していくことは何によっても必須なのだろうが、そこまでの余裕がない。で、結局計画したことの数割しか達成できていない。そして、この達成度は満足度や充実度、自信にも表れる。


ということで、今回の自分の失敗は、うまく計画を立てられなかったこと。今思えばもっとやるべきことはたくさんあった。時間をうまく使えばもう少しうまく事を進めることができたのではないかと思う。

この失敗を省察して次に進もう。。。