しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

将来の夢の話

最近の子どもの将来の夢には「ユーチューバー」というのがあるという。おじさんの私からすれば、「それって職業なの?」「こういうのって仕事じゃなくて趣味的にやってお小遣い的な感覚でやるからいいんじゃない?」と思わずにいられないが、『職業図鑑』にはしっかりとのっている。

日本の給料&職業図鑑

日本の給料&職業図鑑

日本の給料&職業図鑑 Plus

日本の給料&職業図鑑 Plus

結構いろいろなシリーズがでており、学級文庫においている。


私が子どもの頃は、ユーチューバーという言葉すらなく、そんな仕事の概念すらなかったのではないだろうか?

しかし今ではクラスに一人は「ユーチューバーになりたい」という子どもがいる。ユーチューバーを仕事にしたらかなり苦しいのではないかとも思う。生活できるくらい稼ぐためには、相当クリエイティブさがないといけないし。


そもそも、変化の激しい現代社会。今後も予想がつかないようなことが起こるだろう。そう考えると、今の子どもたちが社会に出る頃はもうユーチューバーという仕事もなくなっているかもしれない。その可能性の方が高いのではないか?


そう考えると、ユーチューバーだけではなく、様々な職業で同じようなことがいえるのではないかと思う。


だから、これからは、
「◯◯になりたい」
ではなく、
「◯◯をしたい」とか「◯◯のようなことがしたい」
といったように、もっと曖昧でもありながらも自分のやりたいことをしっかりと意識しておかないといけないような時代が来るのかもしれない。