しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

「事実を積み重ねることが真実に結びつくとは限らない」

タイトルの「事実を積み重ねることが真実に結びつくとは限らない」を見て、ピンとくる人はどのくらいいるだろうか?
初めてこの言葉に出合った時は本当に背筋が凍り、いても立ってもいられなくなったのを今でも覚えている。


出合いは10年ほど前。

夜中ふと目を覚まし、テレビをつけた。すると、あるドキュメンタリーっぽい番組が始まった。気になって見ていると、だんだんと不思議な感じになっくる。すると、最後には・・・・・


このタイトルの言葉にピンときた人はよく分かるだろう。でも、ピンと来ない人には何をいっているのか分からないと思う。

実は、これはフィクションのドラマだったのだ。その名も『放送禁止』。

フジテレビのサイトにものってはいるものの、これだけではよく分からないと思うが。


この『放送禁止』、本当によくつくられている。夜中にやるというのもミソなのだろう。
その後、ネットで調べまくってしまった。

すると、いくつかシリーズがあったことに気付く。その後は見まくった。いわゆる「謎解き」の感覚。

その後、映画にもなった。地方では上映されないようなコアな映画のようだが。。。


昨日久しぶりに妻と夜中にこの『放送禁止』を見た。続編が出ていることを最近知り、ようやくレンタルしてきた。よほどアンテナを高くしていないと、気付かないうちにしれっと放送したり上映したりしてしまう。

昨日見たのは劇場版。その名も、『洗脳~邪悪なる鉄のイメージ』。


久しぶりにあの時の感覚を味わった。

幽霊的な怖さではなく、どことなく気味悪い、恐ろしくなるような感覚である。


本当のドキュメンタリーっぽくつくったり、本当の専門家が出てきて説明したり。。。

そして、日々の出来事には、まっすぐ見ていると見えない真実があり、それは物事を別の視点からだとみえてくることがあるということが伝わってくる。


拙い説明のため、分からない人には何がなんだかさっぱりだと思うが、興味があればぜひ見てみてほしい。できれば夜中に。。。

見てみるとよく分かる。。。

私にとっての一番はやはり最初に見た『デスリミット(6作目)』

どうやら去年にテレビ版も放送されたようだ。実に9年ぶり。これも見てみたい。。。