しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

「心からの謝罪」とは?

日韓関係が冷え込んでいるという。

 

徴用工問題に慰安婦財団解散など、ここに来て日韓関係を壊したいとしかいえないような行動がされていると思う。文在寅大統領が反日として当選したことによる、民意に応じた対応を粛々と進めているだけなのだろう。

 

 

ネットでの情報でしかないが、日韓双方に認識の違いがあるのだと思う。その認識のズレはおそらく埋まらない。韓国の一部の人たちによる反日感情は異常だ。そして強い。国会や行政だけではなく、司法まで影響する。国民情緒法ともいわれる罪刑法定主義をもくつがえしてしまうような強い国民感情に左右されてしまう国家は悲しくもあるが、ただただ強い。そんな感情的な相手は、感情でも勝てないし、法を下にしても勝てない。勝ち負けを考えたとしたら、絶対に勝ちはないのだ。たとえ日本が勝ったとしても、必ず日本批判は永久に続く。

 

おそらく、韓国としては、反日することがなくなった時点で国家として成り立たなくなってしまうのだ。例えば「韓国挺身隊問題対策協議会」は、日韓の慰安婦問題が解決されてしまうと、仕事がなくなってしまう。反日ビジネスといわれる国家も国民も生きていくための術になっている。

 

 

日本は同じような感情で相手にしても無駄だし、法を下にして相手にしても無駄だ。だからこそ、日本としては、本当の国益を考えた対応をする必要がある。理性的かつ打算的に国益に合わせて韓国と付き合えばいいのではないかと思う。必要なときだけ韓国を活用すればいいのではと思う。

 

まあ、国家関係とはそんなに簡単なものではないのだろうが。。。

 

 

そんな中、ネットでの記事でよく見かける韓国側の「心からの謝罪」という言葉。

 

この「心からの」いうのはかなり曖昧だ。その「心」というものの判断基準はどこにあるのか。被害者とされる方々の基準なのか、そもそも被害者もあんなにたくさんいればその一人一人の基準なのか、それとも韓国国民なのか、でもそれをいったら国民一人一人の基準なのか。いや、韓国挺身隊問題対策協議会の基準なのか。でも、先にも述べたがこの反日団体は、これこそがビジネス。日本がどんな謝罪の仕方をしたとしても、絶対に「心からの」などと思うはずがないのだ。

 

日本人のよさは許すことにあるとも思う。低学年の子どもたちの「ごめんね」「いいよ」のやりとりは、日本人独特の感覚なのかもしれない。

 

このやりとりには問題もあるかもしれないが、「いがみ合っていても仕方がない」「先に(韓国のいう未来志向的)に進もう」という気持ちが見えるのかもしれない。

 

「心からの謝罪」。「心から」だろうが「うわべだけ」だろうが、本当の意味で未来に進むことができなければ何も解決しない。

 

ぜひ、日本は日本の未来につながる行動をしてほしい。