しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

「引っ叩いてもいいですから」

教員の体罰による不祥事のニュースが後をたたない。これだけ問題になっていても一向になくならない。

体罰は法律により禁じられている。

学校教育法
第十一条  校長及び教員は、教育上必要があると認めるときは、文部科学大臣の定めるところにより、児童、生徒及び学生に懲戒を加えることができる。ただし、体罰を加えることはできない。

では、「体罰」と「懲戒」の違いはなんなのだろう。


文科省による『学校教育法第11条に規定する児童生徒の懲戒・体罰等に関する参考事例』によると、「体罰」にあたるものとして

① 身体に対する侵害を内容とするもの
② 被罰者に肉体的苦痛を与えるようなもの

とある。

①については、教師が子どもに手をあげることであり、②については、手をあげずとも、肉体的な苦痛を感じさせること(長時間の正座やトイレに行かせない、給食を食べさせない等)があたる。


一方。認められる「懲戒」は、

通常、懲戒権の範囲内と判断されると考えられる行為(ただし肉体的苦痛を伴わないものに限る。)とのこと。

なんと曖昧な。。。

しかし例として、

・ 放課後等に教室に残留させる。
・ 授業中、教室内に起立させる。
・ 学習課題や清掃活動を課す。
・ 学校当番を多く割り当てる。
・ 立ち歩きの多い児童生徒を叱って席につかせる。
・ 練習に遅刻した生徒を試合に出さずに見学させる。

と挙げられていた。

とはいったものの、この「体罰」と「懲戒」の認識のズレによって起こってしまう体罰の事案もあるだろう。

まあ、そもそも理性を抑えられず、手をあげてしまう教員も多いだろうが。


教員の体罰に関する認識を高めていくことがまず必要なのは確かだ。



しかし、今日は別の視点で「体罰」について見ていきたい。


先日まで保護者との教育相談があった。

毎年教育相談をするが、必ず一人はいる「うちの子には叩いてもつねってもいいですから」という保護者。

これは、「うちの子には体罰をしてもいいですよ」という宣言にとれる。

体罰容認の確約を得たから、心置きなく叩けることになるのか。

もちろん、ここで手をあげてしまったら、体罰による不祥事として処分対象になる。

保護者が許可したのだからいいのではないかと思う教師はいないと思うが(もしかして、いるのか?)、保護者が許可しても、もちろん体罰はダメである。


そもそも、保護者が「うちの子には叩いてもつねってもいいですよ」という発言自体が問題なのだ。

そもそも、体罰を受けるのは子どもであり、保護者ではない。肉体的な苦痛を受けるのは紛れもなく子どもなのだ。子どもと親は別の人格であり、それぞれに人権をもっている。

そう考えると、親が「子どもを叩いてもいい」という発言は、明らかな人権侵害にあたる。

その発言を聞き、それを真に受けて体罰をする教員は救いようがないおバカだが(おバカでは済まされないが)、その発言をする保護者の考え方も実は問題なのだ。


子どものことを考えての発言だったり、行為だったりするのかもしれない。

でも、その発言や行為が、本当にその子のためになっているのか、そもそも、手をあげないとその子のためにならないこと自体おかしなこと。

手をあげずとも、子どもたちを導いていけるような大人でいたい。

「子は親の鏡」という、これは学校では「子は教師の鏡」とも言い換えることもできるかもしれない。

我がの見の振りも見つめる必要がある。