しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

この時期になると

昨日は一足早い忘年会だった。

今学期はあと一週間残っているが、諸事情により昨日行われた。

まだ評価を上げていない先生にとっては複雑な気持ちであっただろう。


この時期になると、先生方の話題は「来年度のこと」になってくる。先生方の異動について探りあったり噂をしたり・・・。結局3月の終わりにならないと蓋が開かないことは分かっているが、やはり気になってくるのが正直なところ。


「◯◯先生は残りそうだ」「じゃあ、◯年生はどうなるんだ」「◯◯先生がいなくなったら、◯◯主任は誰がやるのか」「◯◯先生は、まだいるみたいだよ」等々。我々でしゃべっていたところで、ただの憶測でしかなく、なんの意味ももたない。

でも、自分もそういう話をしているのだから、私も他の先生にいろいろと噂されているのだろうなと思う。


まぁ、哀しいかな、こういう話に花をさかさずにいられない。。。だって、来年度のことは自分にも大きく関わってくることだから。