新米教頭の学校・職員室・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

多くの仕事を抱えた方が、早く仕事が終わる?そのかわり質は・・・

一足早く仕事納め。

冬休みを楽しみに、仕事を終わらせるべく、駆け足で仕事に勤しんできた。

しかしながら、振られた仕事量は多く・・・。学期末の事務整理の他に、研究のまとめのためのまとめ、市教委関係の提出物、等々。。。明らかに他の先生方よりもやらなければいけないことは多かった。


しかし、

そのおかげで、誰よりも早く冬休みを迎えることができたのだとも思う。


今日、学校に行ってみると、たくさんの先生方が学期末の事務整理を一生懸命やっていた。

学期末なのだから、当たり前なのだが、自慢じゃないが、そんなのだいぶ前に終わっていた。

というのも、早め早めにやっておかないと、やることが多すぎて、終わらなくなってしまう危険性があったからだ。とにかく、同時多発的にやるべきことに取り掛かり、全てを間に合わせるように終わらせたのだ。


そう考えると、私が誰よりも早く冬休みに入れたのは、誰よりも多く仕事をしていたからといっても過言ではない。


だから、早く仕事を終わらせたければ、たくさんの仕事を抱えればいいのだ。


ただし、一つ一つの出来栄えは、、、そんなによくない。そりゃ質は下がる。だって、冬休みを迎えたいが一心でこなすだけの意識だから。。。


来年はどうなることやら。。。


ということで、今年の仕事を閉じます。。。

1年間お疲れ様でした!