しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

見切る(見限る)

あれから何の音沙汰がない。

まとめの直しをしてくるでもない。

相談をしてくるでもない。

というより、何も話しかけてもこない。


おそらく、彼(初任者)は、私を見切った(見限った)のだろう。


だからといって私からの用はもう何もない。

4月からずっと伝えてきたことが何一つ響かなかった。子どものために、組織のために何も返ってくることはなかった。


私が伝えてきたことの軸は二つ。それは「うまくできなくてもいいから、自分なりに頑張ってほしい」ということと「自分を見てくれる人たちの都合も考えて、早め早めに取り組んでほしい(期限を守ってほしい)」ということだ。


この二つは難しいことだったらしい。これが「自分なりでいい」のに、それができない(やろうとしない)のなら、もう何も伝えることはできない。

もし、迷ったら相談すればいいだけだ。現に、2年目の先生や3年目の先生はすぐに相談してくれるし、互いに相談し合っている。その相談の和にも混ぜてもらえていないようだ。


私も見切るしかないだろう。だって、伝わらないのだし、私も見切られているから。

お互いに見切っていると、本当に何も関わらなくなる。今日は1日一言も話さなかった。

でも、これってとても怖いことだと思う。自分で見切っていて怖いと感じるのだから。。。


若手との関わりというより、「その人」自体の問題なのだろうな。。。