しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

プールから出た途端・・・

今日は、娘と息子が通うスイミングスクールのプールで泳いできた。

入会した時にもらった無料招待券が数枚あり、使用期限が三月末だったため、妻と交代でいくことにしたのである。

ちょうど、今年のテーマは「健康」。少しでも体を動かしたいと思っている。


最近、意識しているため毎日の歩数も増えてきた。やはり自分事になっていれば少し意識するだけで動き出せている。

でも、あまり無理し過ぎると続かない。そのため、無理ない程度に動くことを心がけている。

時間の目標は30分。
歩いて、泳いで、を繰り返し、ゆったり動くようにした。目標は、歩き300m、泳ぎ300m。50m歩いたら50m泳ぐというのを繰り返した。案外いける。30分でちょうど、目標の歩き300m、泳ぎ300mになったが、まだいけそうだったため、もう少しがんばることにした。

結局、歩き500m、泳ぎ500mで時間にして40分。無理なく体を動かせた。

しかし、問題はプールから出た時。あがった途端、体が鉛のように重くなった。これには正直驚いた。ズシーンと重い。水の中だから体の重さ自体はそんなに感じなかっただけである。


普段、本当に体を動かしていないのが分かる。今も腕が重い。。。

これからもちょくちょくと通いたいなと思った。