新米教頭の学校・職員室・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

学力テストの目的は?指導力を上げてほしい

学力テストが近い。

問題は届いているのだが、数を数える程度で中身を見ないようにしている。

でも、ご年配の先生方は、予め中身を見て、指導してからテストに臨ませざるをえないらしい。つまり、悪い成績をとらせたくないということだ。

誰のためにって?

もちろん、ご年配の先生方自身のためである。悪い成績をとらせたら、自分の指導力不足を晒してしまう。だから、良い点をとらせて、安心するのだ。それが当然のようになると、あたかも自分は指導力があると妄想してしまうようだ。


クラス替えのある学年では、この時期の学力テストの成績を鑑みて、クラス編成を考える。だいたい、平均点数で均してクラスを分けるのだ。


でも、そんなご年配の先生方がいるおかげで、正しく均されていないことが多い。本当の力がついていないのに、学力テストで正解してしまうため、平均点を上げてしまうのだ。そんな子が多く入ってしまったクラスは悲惨だ。

でも、これが往々にしてあるのだ。本当はこんなことはあってはいけないのに、自分自身のくだらないプライドのために、子どもたちも先生方も迷惑を被っている。


学力テストの目的は、子どもたちにとっては自分の実態を知ることだと思う。もちろん、それだけですべてを知ることはできないが、自分の位置や強み弱みの一部を知ることができよう。

教員にとっても意義はある。むしろ、教員にこそ意義があるのではないかとも思う。自分の指導による子どもたちの実態を知れる。どの分野の指導が足りないのか、今後何が必要なのか、これも全てではないけれど、ある程度の指標になる。


子どもたちができないのであれば、それはそれで仕方がないだろう。それが現実。それを捻じ曲げて、自分の都合だけで考えてしまう人がいると、すべて無駄になってしまう。

子どもたちに悪い成績をとらせたくないのであれば、テストの内容を見て、それを指導するのではなく、自分の指導力を上げてほしいものだ。