新米教頭の学校・職員室・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

トイレで歌う息子

息子が、トイレで歌っていた。

なんとも楽しそうにそして陽気に歌っていた。

つい、その歌声に笑ってしまった。

いったいなぜトイレで歌っていたのか。

息子に聞いてみると、なんとも可愛らしい理由が。

その理由は、「怖いから歌っていた」とのこと。

歌を歌うことで、怖さを紛らわせていたらしいのだ。


息子は一人でもトイレにいけるようになっていた。でも、それでもやはり怖いと思うときがあるようだ。確かに、一緒に来てほしいと頼んでくるときがある。

「歌を歌えば怖くない」。息子なりに考えているようだ。その思考のレベルは結構高い。そして、その姿はとてもかわいい。

そんな可愛らしさも、まもなく無くなっていってしまうんだろうなと思うと、やはり淋しい。