しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

忘れてしまっている・・・

ふと思い出す。今まで担任してきた子どもたち。

今年で担任生活は14年。9組の子どもたちを担任してきた。

初任は3年生。この3年生が唯一の中学年。

あとは1年生2回。2年生1回。5年生5回。6年生5回。実に高学年が多い。


それぞれの子どもたち。どんな雰囲気だったかは覚えている。

でも、申し訳ないが名前が思い出せない子どもがいるのが正直なところ。その子の顔を見れば思い出すのだろうが、頭の中で出席番号順に思い返そうとしてもなかなか思い出せない。


その事実が、とても悲しく、申し訳ない気持ちになる。

子どもたちにとってはその年の担任は一人(例外はあるが)。担任にとっては、子どもたちは30人。でも、本当はその子にとっては子どもだって一人のはずなんだよな。


もう遅いが、もっとちゃんと子どもを見ておくべきだった。

今、担任している子どもたちとも、あと十数日。10年後、覚えていたいものだな。。。