新米教頭の学校・職員室・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

カメムシとの戦い

新たな住処は、単身赴任のため家族は共に住んでいない。

がしかし、共に住む生物がいる。

それが、

カメムシ。


私は、虫が苦手。できれば対峙したくない。ふと視界に入るだけで恐怖である。


しかし、今はそんなこといっていられない。とにかく、毎日家に帰ると、数匹は必ずいるのだ。苦痛でしかたがないが、見つけたら取るしかない。

とりあえず「ガムテープで貼り付けてテープを折りたたんで密封」というのをやっていた。潰す感触は得たくないため、とにかく真ん中は潰さずに密封するのである。

でも、窓やドアのレールに落ちているような場合は、ガムテープにくっつかない。暖かくなり、そんなパターンが増えてきた。

プラスして、カメムシ対策のスプレーも使い、予防とともに退治も図っていった。

イカリ消毒 ムシクリン カメムシ用エアゾール 480ml

イカリ消毒 ムシクリン カメムシ用エアゾール 480ml


そうすると、尚更ドアのレールに死骸が落ちるのである。結局、割り箸で取って捨てるか、ムリヤリに箒で掃いて外に追いやるかしかない。


また、実家でもらってきたペットボトルのカメムシ退治機も活躍する。900mLのコーヒーのペットボトルの上部分を切り取り、逆さにして下部分にくっつけるのだ。その中に水を入れて、カメムシをすくうようにしてとる。すると、カメムシがペットボトルの中に入り、出てこられなくなる。死骸が見えるのは嫌だが、触らずして退治できるのは良い。

でも、やはり難点は、ドアのレールにいるカメムシだ。とにかく、しつこい!


となると、家に入れなくするような予防が必要だ。これから試したいのが、ミントの栽培である。どうやら、カメムシはミントの香りを嫌うらしい。ベランダや玄関で栽培し、そもそもの侵入を防げないか試したい。


これからが本当の戦いだろう。とにかく、勝負は始まったばかりだ!