新米教頭の学校・職員室・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

タイムマネジメントができない人は仕事ができない人だ

いつも自分時間で仕事を進めようとする先生がいる。

ノー残業デーだとしても、「残ってやっていってもいいですか?」と聞いてきたり、平日でも自分のペースで遅くまでダラダラと残ろうとする。

それでいて、様々な提出物や報告などの期限は守れない。自分のペースでしか仕事ができないから、やらなければならないことができないのだ。それに、待たされる方や提出物・報告書の受け手の気持ちなど関係ない。

遅れても「すみませんでした〜」で済ます。


タイムマネジメントができていない人は、はっきりいって仕事ができない人である。

「効率よく時間を使うこと」
「仕事を精選すること」
「けじめをつけること」
「期限を守ること」
「組織を考えること」

等々ができない人なのだ。

どうしたら意識してくれるのだろう。。。

ということで、その人待ちでまだ帰れない。。。