新米教頭の学校・職員室・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

おかげさまで

「おかげさま」 上所重助


夏が来ると冬がいいと言う
冬が来ると夏がいいと言う
太ると痩せたいと言い
痩せると太りたいと言う
忙しいと暇になりたいと言い
暇になると忙しい方が良いと言う


自分に都合の良い人は良い人だと褒め
自分に都合が悪くなると悪い人だと貶す
借りた傘も 雨が上がれば邪魔になる
金を持てば 古びた女房が邪魔になる
所帯を持てば 親さえも邪魔になる


衣食住は昔に比べりゃ天国だが
上を見て不平不満に明け暮れ
隣を見ては愚痴ばかり


どうして自分を見つめないのか
静かに考えてみるが良い
いったい自分とは何なのか


親のおかげ
先生のおかげ
世間様のおかげの塊が自分ではないのか
つまらぬ自我妄執を捨てて
得手勝手を慎んだら
世の中はきっと明るくなるだろう


おれが おれがを 捨てて
おかげさまで おかげさまでと
暮らしたい

おかげさまで無事に(?)1学期を終えることができた。
新任教頭として、右も左も分からない、しかも新しい学校のことも分からない、先生方のことも分からない、地域のことも分からない、、、「分からない」「分からない」「分からない」。本当に不安の中の船出だった。

でも、その不安は日に日に薄れていき、今では楽しく仕事をさせてもらっている。


それは、紛れもなく、様々な方々の「おかげ」だ。「おかげさま」で、今がある。

いつも隣で一蓮托生の存在としていてくれる教務主任。いつもニコニコ明るく周りに元気を振りまく先生。いつもちゃっちゃと動いてくれる用務員、いつも的確かつ冷静にアドバイスをくれる主任主査、そして、我々を認めてくださる校長。

私は、そして、学校は、たくさんの「おかげさま」で成り立っている。


ほんと感謝でしかない。2学期は私ももっと「おかげさま」の一部になりたい。